2024年02月28日

不動産の持分を複数回取得している方の移転登記の目的

単独所有の不動産を移転させる際の登記の目的は「所有権移転」
持分を全部移転させる場合の登記の目的は「〇持分全部移転」
ということは悩むことはないかと思います。

これに対して以下の場合は多少悩む方もいるかもしれません。

1、A、B、Cの共有で所有権保存登記
2、B死亡に伴うB持分全部をAが相続
3、C死亡に伴うC持分全部をAが相続
4、A死亡に伴ってDが相続

この場合、「3」の段階でその不動産はAの単独所有と
なっているので登記の目的は所有権移転か、持分全部移転か
で悩む方もいらっしゃるかもしれません。

この場合はシンプルに登記簿をもとに考え、それぞれで
取得した持分が移転したと考えれば問題はありません。

具体的には
A持分全部(順位1番で登記した持分)、
A持分全部(順位2番で登記した持分)、
A持分全部(順位3番で登記した持分)移転
と記載すればOKです。

弊所でも持分の相続も含めて相続登記のご相談を
承っております。お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>
相続相談室

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続登記

2024年02月27日

戸籍の有効期限と相続戸籍の日付

相続登記を行う場合、戸籍の有効期限はありませんので、
被相続人の死亡後に取得されたものであれば数年前に
取得したものでも登記は可能です。

また、被相続人(亡くなった人)の死亡日前に取得したものでも、
除籍謄本や改製原戸籍の場合は利用可能です。

その理由としては除籍謄本や改製原戸籍は内容がその時点で確定
しているのでいつ発行されたものでも問題ないからです。

ついでに、被相続人の死亡日前に取得した相続人の戸籍については
基本的に法務局に再取得を求められます。

その理由としては被相続人の死亡前に取得された相続人の戸籍を
出されても相続人の生存確認ができないというものだと
思われます。

この点について、そういう理由であれば取得した相続人の戸籍が死亡日前
であっても問題ないのではという以下のような反論があり得そうです。

例えば、相続人が不動産を取得する場合は死亡日後の本籍地記載入りの
住民票で、そうでなくても遺産分割協議の際の死亡日後の印鑑証明書で
生存確認ができるという主張です。

法務局がダメであるという理由はあくまで戸籍で相続関係を証明する
ことにこだわっているからだと思われますが、なぜダメなんだと
本格的に争ったらどうなるのかは不明です。

ただ、そうはいってもそんなことをすると大変なので、最初から
素直に死亡後の戸籍を提出した方が無難といえます。

意外と相続人の戸籍は死亡日前に取得したものが混じっている
場合もありますので、注意が必要かもしれません。

弊所でも相続登記も含めて不動産登記のご相談を承っております。
お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>
相続相談室

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続登記

2024年02月09日

投票したい人がいなくても選挙で投票することが必要な理由

選挙などがあると投票したい人がいないからいっても
無駄みたいな感じで選挙に行かない方もいらっしゃる
かもしれません。

確かにおっしゃる通り投票したい人がいないから
いかないというのはもっともです。

ですが、投票したい人がいなくても誰でもいいので
投票してみることには意味はあります。

選挙の場合、特定の立候補者にはそれぞれ一定程度の支持者や
組織票がありますが、投票率が下がってくるとその支持者や
組織票の力が強まります。

投票率が下がった結果として特定の支持者によって支持された
方が余裕で当選できるようになってしまうと、その種の支持者
よりの当選者がやりたい放題にふるってしまうという結果に
つながりやすいからです。

逆に政治に全く興味のない人も含めて投票率100%みたいな
感じになると特定の組織票などがある方も安心して当選できなく
なりますので、落選させられないように好き勝手なことが
できにくくなります。

そのような状況で何度も選挙が行われていけば、投票する人を
無視できなくなってくるので、結果的に投票したいと思える
ような候補者も出てくるようになるかもしません。

ですので、今は投票したい人がいなくても将来を見据えて
投票にいく意味はあると思います。

日本の選挙の投票率は50%前後と低いですが、今の政治に不満が
ある方は投票に行ってみるのもいいかもしれません。

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
URL: http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務と無関係

2024年02月08日

論理的に考えるとはどういうことか?

論理的に考えることはいろんな場面で役に立つことがありますが、
具体的にはどう考えるのかと悩むことがあるかもしれません。

例えば、以下のような問題が出た場合、皆さんはどう考えるでしょうか。

問題:大阪市内に同じ髪の毛の本数の人がいるのか。

こういった問題を解く場合、場当たり的にどうなのかと考えて
いたら答えは出てきません。

まず、考えるべきことは髪の毛の本数のイメージ、だいたいの
人間の髪の毛の本数の範囲です。
頭皮全体を数えていたらきりがないので、区画を区切って
考えてそこを基準に考えた方が数えやすいかもしれません。
例えば、頭は自分の頭を16等分くらいしてその16分の1に
最大でどれくらい髪の毛の本数があり得るかを考えます。
もっと具体的にイメージしたければ毛根同士の隙間は何ミリ
程度の隙間なら薄毛に見えないかを考えて面積あたりの
本数を出すのもいいかもしれません。
例えば、1ミリ幅だと考えた場合は1平方センチメートル
あたり約100本みたいな感じです。
帽子のサイズなどからおよその面積と髪の毛の本数を出すのもあり
ですが、適当な範囲の見た目の髪の毛の本数を雑に数えてだいたい
このくらいと考える方が楽かもしれません。
そうすると恐らく16分の1区画あたり、よくあって数千本程度、
少なくとも1万本以上生えているのは無理がありそうなので、
その16倍の16万本、多めに見て20万本くらいとします。

次に髪の毛の本数が分かれば次は大阪市の人口はどれくらいかという
ことですが、日本の人口は約1億人いて、47都道府県があり、
人口はだいたい都市部に集中しています。
また、大阪市は東京と並ぶそれなりの大都市です。
1億人の47分の1で約200万人、知識レベルで考えても
100万人以上はいそうなことが分かります。
そうすると、髪の毛の数は多めにみて20万本、大阪市の人口は
少なめに見て100万人。
仮に髪の毛の数1〜20万本の人を一列に並べて本数ごとに別々の部屋に
入ってもらった場合は、最大20万部屋必要ですが、人口100万人
とすると80万人分足りません。
残り80万人はどこかの部屋にダブって入る形となります。
特定の髪の毛の本数の部屋にダブって入るということは同じ髪の毛の
本数の人がいるということになります。
ですので、大阪市内に同じ髪の毛の本数がいるのかという問題の回答は
「いる」ということになります。

こういう風に順をおって考えると論理的な感じとなりますが、
法律の三段論法なども似たような感じで考えるとスムーズに
いくかもしれません。

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
URL: http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務と無関係

2024年01月29日

吹田市の成年後見報酬助成制度の注意点

吹田市の成年後見報酬助成度を利用する場合、基本的には
市町村長申立て等に限らず、資産要件等を満たせば利用する
ことが可能です。

ですので、吹田市に住民票があって生活保護世帯など資産が
ない方であれば基本的には報酬助成制度を利用できます。

ただし、吹田市の場合は以下のような注意書きがあります。

「申請日時点において市外の施設や医療機関に入所、入院等しており、
吹田市内に居住している実態が認められない高齢者については
対象外となります。」

これはどういうことかというと例えば、報酬助成を申請した際に
吹田市に住所があっても、何かの病気で他市の病院に搬送されて
入院していたら報酬助成は利用できない可能性があります。

なんとなく納得がいかない制限であるものの、これは結構
あり得る話ではあるので、吹田市の報酬助成を利用される
方は注意が必要かもしれません。

関連リンク:成年後見利用支援事業(吹田市)

弊所でも高齢者の財産管理も含めて成年後見の申立てのご相談を
承っております。お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>
成年後見申立て

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
URL: http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 成年後見

2024年01月18日

戸籍の広域交付制度による他市本籍の戸籍取得について

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、昨年あたりから話題の
戸籍の広域交付制度が令和6年3月1日よりはじまります。

戸籍の広域交付制度とは、例えば大阪市の人が広島市の本籍地の戸籍を
取得する場合、広島市でしか戸籍の取得ができませんでしたが、
令和6年3月1日以降は大阪市で取得可能となります。

これによって相続戸籍などを取得する際に一箇所の役所で戸籍取得が
可能となるので、相続手続きなどが楽になります。

また、出生までの戸籍を集めるのが大変だということで専門家に
依頼していた方も自分でやった方が早くなるかもしれません。

尚、この戸籍の広域交付制度は郵送請求や代理人による請求はできません。
あくまで本人が戸籍担当窓口に行く必要があります。

3月以降に相続手続きなどで戸籍を取得される方は注意が
必要かもしれません。

関連リンク:法務省(戸籍法の一部を改正する法律について)

弊所でも相続登記も含めて相続手続きのご相談を承っております。
お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>
相続相談室

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続関連手続き

2024年01月17日

仕事はやりがいか、お金のどちらをとるべきか。

たまに仕事を選択する際にやりがいをとるべきか、お金を
とるべきかを悩む方もいらっしゃるかと思います。

こういったことを悩む際にはまずは前提を整理する
必要があります。

まず、お金かやりがいか以前の問題として人が生きて
いくためには生活費を稼ぐ必要があります。

仮にひと月生活するのに30万円のお金がいる方がいた場合、
月収30万円以下の仕事はやりがいがあるかどうか以前の
問題です。

ですので、悩むとすれば月収30万円以上の仕事と100万円の
仕事の2つがある場合にどうするのかということになります。

この場合については、やりがいの30万円の仕事を選択するのは
ありだと思われます。

お金がなんのためにいるのかといえば楽しく生活するために
あるので、いくら多額のお金をかせげたとしても生活が楽しく
なければあまり意味がないからです。

結果的に余分なお金を稼ぐにこしたことはないですが、あえて
生活を犠牲にしてまで稼ぐ必要性はないということです。

これは資格試験の合格ラインが60点なのに生活を犠牲にして
100点で合格することを考えればわかりやすいかもしれません。

仕事に関する考え方はいろいろとありますので、正解はありませんが、
一つの参考意見としていただければと思います。

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
URL: http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務と無関係

2024年01月16日

令和7年1月からの確定申告書控えについて

そろそろ確定申告のシーズンになってきましたが、令和7年1月から
申告書の控えの取扱いが変わるようです。

従来は控えが欲しい方は控えと提出用の正本を持っていいって
控えに収受日付印を押してもらって返してもらっていましたが、
令和7年1月からはそれが押してもらえなくなるようです。

そのため、令和7年1月以降に確定申告等を行う場合は、
正本のみを提出する形となります。

今後、e-taxではなく、書面で提出した場合は、確定申告した
ことを証明する書類が手元になくなるので、何かの手続きで支
障がでる方も出るかもしれません。

毎年、書面で確定申告をして控えをもらっている方は
注意が必要かもしれません。

※税に関して詳しくは税務署・専門の税理士にお尋ねください。

弊所でも高齢者の財産管理も含めて成年後見申し立ての
手続きの御相談を承っております。
お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>
成年後見申立て

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
URL: http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2023年12月29日

令和6年以降の家事審判・調停等の添付書面取り扱いの変更2

ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、令和6年1月1日以降に
大阪家裁に家事審判・調停の申し立てを行う場合、添付書類の取り扱い
が変わるようです。

具体的には身分関係を確認するための戸籍や住民票などの書類について
原本ではなく、コピーの提出が可能となります。

これによって相続放棄の申述などの際の相続戸籍等の原本の提出が
不要となり、原本還付申請をしなくてよくなります。

尚、原本に変えて戸籍等のコピーを裁判所に提出する場合、
原本と同じ形で提出する必要があります。

例えば、拡大・縮小コピー、両面コピーなどは認められません。

また、相続戸籍がA、B、Cとあれば、同じようにA、B、C
とコピーを作成し、原本の形状と同じようにホッチキス止めを
それぞれして出す必要があります。

A、B、Cのコピーをまとめてホッチキス止めなどはだめです。

要するに、原本の代わりに出すので、原本の形状がわかるような
同じ形で出す必要があるということです。

仮に不十分な戸籍のコピーを提出した場合は裁判官の指示によって、
原本の提出を求められる場合がありますので、注意が必要です。

<関連記事>
令和6年以降の成年後見申し立て等の添付書面の取り扱いの変更

弊所でも相続登記も含めて相続手続きのご相談を承っております。
お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>
相続相談室

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続関連手続き

2023年12月27日

Scansnapの接続の不具合の解消法

ウィルスバスターを使用されている場合、Scansnapと
パソコンとの接続の不具合が生じる場合があります。

これについてはScansnapの公式FAQに解消方法が
書いてありますが、念のため記載させていただきます。

1、ウィルスバスターの設定画面の起動
2、画面上部の「パソコンを守る」をクリック
3、クリックした後に出てくる「パソコン保護設定」の設定をクリック
4、出てきた画面の左項目の「例外設定」をクリック
5、「+追加」のボタンをクリック
6、「参照」ボタンを押して、Scansnapのインストール先から
下記のようなフォルダを探して指定
(たいていはOS(C)のProgram Files (x86)などのフォルダに入っています。)
C:\Program Files\PFU\ScanSnap(32ビットOSの場合)
C:\Program Files\Common Files\PFU(32ビットOSの場合)
C:\Program Files (x86)\PFU\ScanSnap(64ビットOSの場合)
C:\Program Files (x86)\Common Files\PFU(64ビットOSの場合)
7、指定後に適用を押してパソコンを再起動。
これで解消しない場合は、
 もう一度同じ手順で
C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Temp\ScanSnap Home
C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Temp\MULTIPROCESSTEMP
を例外設定して再起動。

ここで注意が必要なのは例外設定がすんだ後にいったんパソコンを
再起動するということです。
意外と設定が済んだ後の再起動を忘れがちです。
Scansnapに不具合がある方は試してみてはいかがでしょうか。

尚、今回の不具合についてはトレンドマイクロサポートからもらった
修正プログロムをダウンロードすると除外設定なしで解消しました。

上記除外設定による方法はセキュリティ面では少し不安が残る可能性もあるので、
この不具合が出た場合はウィルスバスターのサポートに連絡してみるのも
いいかもしれません。

<関連リンク>
ScanSnapの公式FAQ(ScanSnapが急に利用できなくなった)

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
URL: http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | その他