2019年11月12日

検察審査会とは?

検察審査会とは、20歳以上で選挙権を有する国民の中からくじで選ばれた
11人の検察審査員が、検察官が被疑者を裁判にかけなかったことの
よしあしを審査するものです。

犯罪の被害にあった人や犯罪を告訴・告発した人から申立てがあったときに
起訴についての判断を求めることができるものとされています。

審査の申立てに関する費用はかかりませんが、申立て後起訴までに至るものは
あまりないようですので、基本的にはあまり期待をしない方がいい制度かも
しれません。

ですが、告訴をしたものの、不起訴になってしまった方で不服のある方の
救済手段の一つではあるので検察官の判断にどうしても納得のいかない方は
申立を検討してみるのもいいかもしれません。

参考:検察審査会(裁判所)

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判関連

2019年11月11日

付審判制度とは?

付審判制度とは、公務員職権濫用罪などで告訴又は告発した者が、
検察官による不起訴等の処分に不服がある場合に裁判所に対して
審判に付することを請求する制度のことをいいます。

検察官が起訴するかどうかは起訴便宜主義がとられており、
検察官の裁量にまかせられておりますが、それに問題が
ある場合に救済する制度の一つです。

ざっくりした流れとしては検察官の不起訴の通知を受けてから
7日以内に検察官に付審判請求書を出して再考を促し、検察官が
不起訴を維持する場合は、裁判所にまわして起訴あつかいにするか
どうかを検討するみたいな感じです。

付審判制度とはこのような制度なのですが、現状では請求しても
ほとんど認められていないようなので、検察官の不起訴に不服が
あっても覆る可能性は低いと考えた方がいいかもしれません。

参考:刑事訴訟法
第262条 刑法第193条から第196条まで又は破壊活動防止法第45条
若しくは無差別大量殺人行為を行った団体の規制に関する法律第42条
若しくは第43条の罪について告訴又は告発をした者は、検察官の公訴を
提起しない処分に不服があるときは、その検察官所属の検察庁の所在地を
管轄する地方裁判所に事件を裁判所の審判に付することを請求することができる。
2 前項の請求は、第260条の通知を受けた日から7日以内に、請求書を
公訴を提起しない処分をした検察官に差し出してこれをしなければならない。

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判関連

2019年11月08日

夜間や休日救急の際の医療費の預り金

夜間に突然体調が悪くなって病院を受診した場合、
医療費の支払いは少しややこしくなります。

通常であれば診察の後に請求された医療費を払えばそれで
終わりなのですが、夜間の場合は、会計を行っていない
という理由で預り金を要求されることがほとんどかと
思われます。

この場合、金額としては病院によって異なるものの
1万円以上は預ける形となりますが、後日清算した
際には通常はお釣りがでる形となります。

このおつり部分を後日その病院にとりにいく必要があるので、
わざわざとりにいく手間の分だけ負担が伴うという形となります。

とりわけ夜間救急の場合は、緊急事態で普段いかない病院に
いくので、病院までへの交通費や時間のロスを考えれば無駄が
多いかもしれません。

このあたりはなんらかの形で改善した方がいいような気もします。

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2019年11月07日

不倫の慰謝料と相場

不倫をした際の慰謝料について気になる方も多いかと思いますが、
基本的には精神的苦痛の対価である慰謝料は客観的な額を決める
のは難しく、まずは希望額を出してから話し合いという形に
なるかと思われます。

ですが、裁判などをした際には判決で金額が決定することになる
のでそういったものなどを考慮した上でのだいたいの相場的な
ものはあります。

不倫の慰謝料については様々な要素をもとに決定されることになり
ますが、だいたいは数十万〜数百万の間に収まることが多いかも
しれません。

金額は一般に不倫によって別居したり、離婚した場合などは高くなり、
婚姻期間も長くなればなるほど高くなる傾向にあります。

また、妊娠中や幼い子供がいたりしても高くなる傾向があります。

要するに、配偶者の不倫による精神的苦痛は目に見えないものですが、
それによって離婚したなどの客観的な苦痛だと思われる事実がたくさん
あった方が金額的にあがりやすいということです。

それ以外の事情としては慰謝料請求する相手の社会的地位や資産が高いと
支払能力的な意味も含めて金額的にあがりやすくなります。

ですので、相場的にはそのあたりを考慮した金額で要求しておけば
的外れな請求になりにくいかもしれません。

弊所でも内容証明郵便の原案作成も含めて法律書類の作成のご相談も
承っておりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>

成年後見申立て

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律書類作成

2019年11月06日

生活保護と法テラスの法律扶助

生活保護を受給中の場合、法テラスの法律扶助の
費用負担は基本的にありません。

しかしながら、依頼当初は生活保護であっても事件終結時に
生活保護でなければ費用負担が発生する場合があります。

また、生活保護受給中であっても事件終結後に生活保護の
受給証明書を添付の上で償還免除申請書を期限までに
申請する必要があります。

償還免除申請書を出し忘れると生活保護受給中であっても、
請求がくることになりますので、注意が必要です。

弊所でも法テラスの法律扶助の利用も含めて裁判所類の作成に
関するご相談を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判関連

2019年11月01日

互いに婚姻を継続する場合のW不倫の慰謝料

W不倫をしている場合で、お互いの夫婦が不倫発覚後も
婚姻を継続する場合、不倫してない配偶者は配偶者の
不倫相手に慰謝料の請求が可能です。

例えば、妻が夫の不倫に対して夫の不倫相手に慰謝料
請求するような場合です。

しかしながら、仮に妻が慰謝料を請求した場合、夫の
不倫相手の夫から自分の夫に慰謝料請求ができるので、
家族全体としてはやらない方がましな場合が多いかも
しれません。

弊所でも内容証明郵便の作成も含めて法律書類の作成の
御相談を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律書類作成

2019年10月31日

慰謝料や損害賠償金の取得と税

なんらかの被害を受けたて賠償金をもらったり、離婚などで
慰謝料をもらった場合、所得税がかかるかどうか心配になる方も
たまにいらっしゃるかと思いますが、結論としては原則非課税と
いう形になります。

ただ、見舞金や離婚などの慰謝料でも相当性をこえる場合は、
課税される場合もありますので、注意が必要です。

(※細かい点については専門の税理士・税務署等にお尋ねください。)

参考:国税庁(加害者から慰謝料等を受け取ったとき)

弊所でも示談書の作成も含めて法律書類の作成を承っておりますので、
お気軽にご相談ください。

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律書類作成

2019年10月30日

消費税増税による賃料の改定と契約書の条項

事業用の建物の賃貸借を行っている場合、賃料に消費税が
かかることはご存知かと思いますが、契約書の賃料の記載が
税込などとしていたり、消費税の記載がそもそもない場合、
消費税の増税分を借主より拒まれることがあり得ます。

消費税の増税は貸主や借主に責任がない事情ではありますが、
賃料の記載が消費税を含む表記の場合、増税後に貸主側が
実質賃料の値下げを行ったと同じこととなり、不公平な
状況となります。

解釈上も契約書はあくまで契約当時のものである以上は、
消費税増税後も賃料は同じという趣旨の特約がない限りは、
増税後も賃料は同じと解釈するのはやや無理があると
思われます。

しかしながら、そうはいっても借主側が納得しなければ
裁判でもめるしかなくなるので、貸主・借主の双方に
負担が伴います。

こういったことを防止する為にも賃貸借契約書上にあらかじめ
賃料と消費税を別に記載し、消費税が将来増税になった際には、
増額消費税分は変更となる旨を記載しておくともめにくい
かもしれません。

弊所でも賃貸借契約書の作成も含めて法律書類の作成を
承っておりますので、お気軽にご相談ください。

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律書類作成

2019年10月29日

事業用建物賃貸借と消費税の経過措置

事業用の建物を借りている場合、10月1日より消費税10%の
対象となっておりますが、これには経過措置があり、2013年10月1日
から2019年3月31日までの間に締結した一定の条件を満たした
契約については一定の期間8%の対象とすることができるようです。

賃料の2%も金額にすればそれなりの額にはなることもあるので、
対象になり得る方は確認してみるのもいいかもしれませんね。
(税に関して詳しくは専門の税理士等にご確認ください。)

参考:国税庁(経過措置)

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2019年10月28日

財産分与や慰謝料の支払と譲渡所得税

離婚をした際に配偶者の一方が他方に財産分与や慰謝料の
一環として不動産を譲渡する場合があります。

この場合、あげた側としてはあげることによって利益を得た
感覚はありませんが、不動産譲渡によってあげた側に
譲渡所得税が課税される場合あります。

あげた方としては財産をあげた上に予想外の多額の税がかかる
場合がありますので、不動産を離婚に際して譲渡する場合には
事前に譲渡所得税についても確認する必要があります。

(※税に関して詳しくは税務署・専門の税理士にお尋ねください。)

弊所でも財産分与による所有権移転登記も含めて不動産登記手続の
御相談を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産登記