2019年10月31日

慰謝料や損害賠償金の取得と税

なんらかの被害を受けたて賠償金をもらったり、離婚などで
慰謝料をもらった場合、所得税がかかるかどうか心配になる方も
たまにいらっしゃるかと思いますが、結論としては原則非課税と
いう形になります。

ただ、見舞金や離婚などの慰謝料でも相当性をこえる場合は、
課税される場合もありますので、注意が必要です。

(※細かい点については専門の税理士・税務署等にお尋ねください。)

参考:国税庁(加害者から慰謝料等を受け取ったとき)

弊所でも示談書の作成も含めて法律書類の作成を承っておりますので、
お気軽にご相談ください。

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律書類作成

2019年10月30日

消費税増税による賃料の改定と契約書の条項

事業用の建物の賃貸借を行っている場合、賃料に消費税が
かかることはご存知かと思いますが、契約書の賃料の記載が
税込などとしていたり、消費税の記載がそもそもない場合、
消費税の増税分を借主より拒まれることがあり得ます。

消費税の増税は貸主や借主に責任がない事情ではありますが、
賃料の記載が消費税を含む表記の場合、増税後に貸主側が
実質賃料の値下げを行ったと同じこととなり、不公平な
状況となります。

解釈上も契約書はあくまで契約当時のものである以上は、
消費税増税後も賃料は同じという趣旨の特約がない限りは、
増税後も賃料は同じと解釈するのはやや無理があると
思われます。

しかしながら、そうはいっても借主側が納得しなければ
裁判でもめるしかなくなるので、貸主・借主の双方に
負担が伴います。

こういったことを防止する為にも賃貸借契約書上にあらかじめ
賃料と消費税を別に記載し、消費税が将来増税になった際には、
増額消費税分は変更となる旨を記載しておくともめにくい
かもしれません。

弊所でも賃貸借契約書の作成も含めて法律書類の作成を
承っておりますので、お気軽にご相談ください。

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律書類作成

2019年10月29日

事業用建物賃貸借と消費税の経過措置

事業用の建物を借りている場合、10月1日より消費税10%の
対象となっておりますが、これには経過措置があり、2013年10月1日
から2019年3月31日までの間に締結した一定の条件を満たした
契約については一定の期間8%の対象とすることができるようです。

賃料の2%も金額にすればそれなりの額にはなることもあるので、
対象になり得る方は確認してみるのもいいかもしれませんね。
(税に関して詳しくは専門の税理士等にご確認ください。)

参考:国税庁(経過措置)

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2019年10月28日

財産分与や慰謝料の支払と譲渡所得税

離婚をした際に配偶者の一方が他方に財産分与や慰謝料の
一環として不動産を譲渡する場合があります。

この場合、あげた側としてはあげることによって利益を得た
感覚はありませんが、不動産譲渡によってあげた側に
譲渡所得税が課税される場合あります。

あげた方としては財産をあげた上に予想外の多額の税がかかる
場合がありますので、不動産を離婚に際して譲渡する場合には
事前に譲渡所得税についても確認する必要があります。

(※税に関して詳しくは税務署・専門の税理士にお尋ねください。)

弊所でも財産分与による所有権移転登記も含めて不動産登記手続の
御相談を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産登記

2019年10月24日

デビットカードのメリット・デメリット

クレジットカードと似たようなものとしてデビットカードなる
ものがありますが、その違いは以下のものとなります。

デビットカードはクレジットカードと異なり、使用したら
すぐに口座から引き落とされます。

そのため、クレジットカードのような支払が遅れることに
よる使い過ぎを防止できます。

また、デビットカードは基本的に銀行系のみが発行しており、
使用限度額も口座に入金している額に限られます。

ですので、クレジットカードのように持っているお金以上の金額の
買い物はできませんし、口座に入っている額の範囲しか使えないので
クレジットカードのような入会審査もありません。

デビットカードはクレジットカードが支払いの先延ばしで気持ち悪いと
感じる方にとっては魅力的なカードかもしれません。

ただ、問題点としては不正利用された際や商品のキャンセルをする際は
即時に引き落とされる関係で対応が難しくなります。

また、不正利用の補償も上限が設定されていることが多いので
注意が必要です。

弊所でも成年後見申し立ても含めて高齢者の財産管理に関する
ご相談を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>

成年後見申立て

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2019年10月23日

原状回復費としてのフローリングの部分補修

マンションやアパートなどを借りているような建物の
賃貸借契約で借主の故意や過失でフローリングを
傷つけた場合、借主側が修繕費を負担する
場合があります。

借主側が修繕費を負担する場合は、一般的に国土交通省のガイドラインも
あるように、居住期間に応じて減価償却により、全額を負担する必要が
ないことも多いです。

フローリングの場合ももちろん、フローリング全てを変えないと駄目な
場合は、減価償却の対象となり得ますので、全ての修繕費を負担しなく
てもいい場合もあります。

仮にこれを全額借主負担とすれば、本来、年数が経過していれば劣化している
はずのフローリングが全面張替によってフローリングが新品になるので、
貸主側がその分だけ利益を得る状態になり得るからです。

しかしながら、フローリングの一部分だけなんらかの事情で傷めているような
部分補修(いわゆるリペア補修)の場合は、基本的に減価償却を考慮しない
とされています。

なぜながら、全面張替とことなり、フローリングの部分補修を
してもフローリングの価値が元よりあがったり、復活したり
するわけではないのが通常だといえるからです。

いずれにしろ、借主がどこまで負担すべきかは絶対的な金額を決めるのは
難しく、国土交通省のガイドラインはあるものの、あくまで貸主・借主の
話合いで決めることであり、お互いが納得できなければ、裁判で争う
しかないということになります。

弊所でも賃貸借契約書の作成も含めて法律書類の作成を
承っておりますので、お気軽にご相談ください。

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律書類作成

2019年10月21日

クレジットカードの解約方法

いらなくなったクレジットカードを解約する場合、
基本的にカード会社の電話番号に電話するだけで
解約可能です。

クレジットカードは複数枚作っているものの、全然
使わないカードがある場合は、解約して整理して
みるのもいいかもしれませんね。

なお、クレジットカードを解約した場合は、カード自体は
使えなくなりますが、カードをそのまま捨てるとデータ等が
残っている関係で危険なので、シュレッダー等で細かくして
から処分した方が無難です。

また、入会特典目当てなどでクレジットカードを作ってすぐに
短期解約をするような行為を繰り返した場合は、クレジット
カード作成の審査の影響がある場合があるようですので、
注意が必要です。

弊所でもクレジットカードの解約も含めて生前整理を含む相続の
御相談も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>

相続相談室

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2019年10月18日

寄与分をめぐる事前のトラブルの回避方法

よく自分の財産は子供たちに平等に相続して欲しいと
おっしゃられる方がいらっしゃいますが、平等といって
も難しい面があります。

例えば、複数の子供のうちの1人が同居して自分の介護などを
していたり、事業を手伝っていた場合等です。

こういった場合、世話や手伝いをしている子供の側としては
財産を法律上の相続分に従って例えば、兄弟で2分の1ずつ
といった感じでしたとしても、自分と何もしてない他の兄弟の
相続分が同じかと心情的に割り切れない思いをする方も
いらっしゃいます。

また、法的な形で寄与分が認められるとしても、その金額については
争いが生じることが多々あり、金額を確定する際に兄弟間でもめる
可能性があります。

親の立場として形式的に相続分を平等にしていればもめないと思って
いたとしてもこういったことを原因としたトラブルが発展することが
ありますので、こういったことを防止する為にも特定の子供と関わりが
強い場合は、そのことに関する事項を遺言書に記載しておくことが
重要だといえます。

弊所でも遺言書の作成も含めて相続手続きに関するご相談を承って
おりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>

相続相談室

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 遺言書作成

2019年10月17日

高齢者によくみられるせん妄とは?

高齢者の方はせん妄が起きやすいといわれていますが、
せん妄とは意識がぼんやりして幻覚や妄想、興奮状態
になるようなものをいうようです。

一般に夕方から夜、病気や入院といった環境の変化がある時、
認知症の方などに起きやすいようです。

せん妄の治療法はまだ確立されたものはないようです。

弊所でも高齢者の方の財産管理も含めて成年後見申し立ての
御相談を承っておりますのでお気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>

成年後見申立て

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 成年後見

2019年10月16日

ガスのエアコンの取り外し

エアコンといえば電気を利用したエアコンを想像するかと
思いますが、ガスのエアコンというものも存在します。

ガスエアコンと電気エアコンの違いは電気かガスかの違いが大きいですが、
ガスエアコンは電気エアコンと比べて暖房の立ち上がりが早く、電気代も
安く済むなどのメリットで一時売りに出されていたようです。

ですが、結果的にはそれほど浸透せず、現在は家庭用のガスエアコンの販売は
停止状態となっているようです。

設置状態を見ただけでは一見、ガスエアコンと電気エアコンの区別がつかない
ため、通常のエアコン業者に取り外しなどを頼むとあとで困ることもあります。

ガスエアコンの取り外しは他のガス機器とのからみ等があるため、ガス会社が
関与する必要があり、エアコン業者に頼む前にその処理が必要となるからです。

ガス会社の処理をしてないとガスの使用やその他に支障がでる場合が
ありますので、注意が必要です。

弊所でも遺品整理の助言も含めて相続手続きの御相談を承っておりますので、
お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>

相続相談室

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2019年10月15日

認知症と医療行為の同意能力

認知症の方の場合、医療行為の同意能力が全くないと考える方も
いらっしゃいますが、全くないとはいいきれません。

医療行為といっても危険性の高いものから安全性の高いものまで
様々ですし、理解のしやすさも医療行為の内容によって異なります。
また、認知症でも状態が人によって異なりますので、理解力にも
幅があります。

ですので、認知症だからといって一律にだめというわけではなく、
医療行為の同意能力があるといえる場合もあり得ます。

弊所でも認知症の方も財産管理も含めて成年後見後見の申立ての
御相談を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>

成年後見申立て

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 成年後見

2019年10月11日

成年後見申し立ての変更後の郵券

ご存知の通り消費税増税などによって大阪家庭裁判所での
成年後見申し立ての郵券が変更になっております。

変更後の郵券の基本的な部分は郵便局の料金改定に伴うものです。

昔は1000円切手が必要だったのが、1000円切手が
500円切手2枚になっている点も要注意かもです。

1000円切手はあまり使わないからか郵便局によっては日によって
在庫切れといわれる場合もあり、不便がありましたが、500円切手
となったことにより、郵券を買うのが楽になるかもしれませんね。

弊所でも成年後見の申立ても含めて後見制度利用のご相談も
承っておりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>

成年後見申立て

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 成年後見

2019年10月10日

大阪家庭裁判所の所持品検査について

最近は、郵送やらが主流で直に裁判所に行く機会が減って
きましたが、ひさしぶりに大阪家庭裁判所本庁にいくと
所持品検査がされていました。

大阪地方裁判所は以前からはじまっているのはしってましたが、
大阪家庭裁判所本庁は今年の4月1日からはじっているようです。

ちなみに、所持品検査は司法書士などであれば会員証の提示で
そのまま通過可能です。

参考:大阪家庭裁判所本庁の所持品検査について

弊所でも大阪家庭裁判所での成年後見申立書の作成も含めて
成年後見申立てのご相談を承っておりますので、お気軽に
ご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>

成年後見申立て

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 成年後見

2019年10月09日

破損した紙幣の交換方法

ごくごくたまにですが、お釣りなどで紙幣を受取った際に
紙幣が破けていたりする場合があります。

この場合、紙幣が破けていると自動販売機などに通しても
紙幣として認識されずに使えないことが多いですし、店で
使う場合も受取を拒否される場合もあり得ます。

こういった場合にどうすればいいのかですが、基本的にお近くの
銀行にもっていけば新しい紙幣と交換してもらえます。

交換の比率としては紙幣の3分の2以上が残っている場合は、
全額まるまる交換してもらえ、5分の2以上残っている場合は、
額面の半額分と交換してもらえるようです。

5分の2すら残ってない場合は、残念なら交換不可となります。

ちなみに、実際問題、やぶけた紙幣を過去に銀行にもっていったことが
ありますが、やぶけた紙幣とともに両替のための申し込み用紙に
記入したらすぐに新しい紙幣と交換してもらえました。

ですので、基本的に破損した紙幣をなんらかの形で受取った場合は
すぐに近くの銀行に持ち込みするというのが正解だといえます。

弊所でも破損した紙幣がある場合も含めて相続手続きのご相談を
承っておりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>

相続相談室

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2019年10月08日

マンションの賃貸借契約と駐輪場の利用

マンションを賃貸借契約する際に付属の駐輪場がある場合が
ありますが、駐輪場を当然に無料で利用できるかといえば
必ずしもそうではありません。

もちろん、賃貸借契約上で駐輪場の利用までも含んでいれば
無料で利用できますが、その利用の記載がない場合は、
有料や制限付であることもあり得ます。

通常の賃貸借契約はあくまで部屋を借りるのであって駐輪場までも
借りるわけではないですし、マンションと別に駐輪場を利用しようと
思えば有料であり、それが100%当然に付加されていると考える
のは難しいからです。

これはマンションに駐車場の敷地がついている場合を考えれば
契約書上に明記がなければ当然に使えないということも理解
しやすいかもしれません。

ですので、マンションを賃貸借契約する際には仮に駐輪場の
設置がある場合でも、無料なのか、台数制限や利用制限が
あるのかなどなどをしっかりと確認する必要があります。

賃貸借契約に限らず、どのような契約をする際にも勝手な思い込みは
トラブルのもとですので、契約上の文言から確認し、希望事項が
含まれてなければしっかりと事前に確認することが重要だと
いえます。

弊所でも賃貸借契約書の作成も含めて法律書類の作成を
承っておりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>

契約書作成

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律書類作成

2019年10月07日

高齢者のインフルエンザの予防接種・後見人の同意権について

最近、インフルエンザの予防接種の季節になってきましたが、
高齢者のインフルエンザの予防接種の場合、助成制度などが
あって安く受けることができたりします。

また、市民税非課税世帯などの場合は、申請によって無料と
なる場合もありますので、予防接種を受けられる方は
確認が必要かもしれません。

成年後見制度を利用の場合は施設側から後見人に同意を求められる
場合もありますが、成年後見人には医療行為の一種である予防接種の
同意権は認められないと思われますので注意が必要です。

弊所でも成年後見の申立ても含めて後見制度利用のご相談も
承っておりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>

成年後見申立て

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 成年後見

2019年10月04日

居住用建物の家賃と消費税

消費税といえば、食品は軽減税率8%ですが、お酒は10%、
持ち帰りとその場で食べる場合は違うなどややこしい状況と
なっておりますが、マンションなどで賃貸生活されている
方は家賃についてどうなのかと気になる方もいらっしゃるかと
思います。

これについては結論としては居住用の賃料についてはもともと
非課税ですので消費税の影響はありません。

ですので、電気代や携帯電話代などのように10%に値上がりする
ことはありません。

ただ、同じ賃貸でも居住用ではなく、事務所などとして借りている
場合は消費税がかかりますので、注意が必要です。

※税について詳しくは税務署や税理士にお尋ねください。

弊所でも高齢者の財産管理も含めて相続手続きのご相談を承って
おりますのでお気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>

相続相談室

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2019年10月03日

不動産売買の仲介手数料

不動産業者に不動産の売買の仲介を依頼する場合、
業者から仲介手数料をとられますが、これについては
国土交通省の定めにより上限があります。

取引額200万円以下の部分       5.5%
取引額200万円超400万円以下の部分 4.4%
取引額400万円超の部分        3・3%

ただ、あくまで上限なので上限以下の割引額で業者側が
することは否定されておりません。
ですので、どこの業者も仲介手数料が同じであるとは
必ずしもいえませんので、依頼される際には念のため
確認はしてみた方がいいかもしれません。

いずれにしろ、不動産の売買の場合は、金額が大きいため
仲介手数料以上にどれだけ有利に契約できるかといったもの
の方が重要であることも多いので、とりわけ高額な不動産の
仲介を依頼する際には信頼できると思う業者さんに委託する
というのも大事かもしれませんね。

参考:国土交通省
宅地建物取引業者が宅地又は建物の売買等に関して受けることができる報酬の額

弊所でも不動産業者がからむ所有権移転登記も含めて不動産登記の
ご相談を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産登記

2019年10月02日

不動産の売買契約書作成に関する費用負担

不動産売買において不動産会社が関与する場合は、契約書は作成して
くれるので特に問題はおきないですが、不動産会社の仲介を介さずに
個人間で売買することもあるかと思います。

この場合、契約書を弁護士や司法書士、行政書士などに依頼した場合に
契約書作成費用は誰が負担するかですが、基本的に何も定めがなければ
売買契約に関する費用として買主・売主の折半となります。

民法
(売買契約に関する費用)
第558条 売買契約に関する費用は、当事者双方が等しい割合で負担する。

弊所でも売買契約書の作成が必要な場合も含めて不動産登記のご相談を
承っておりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産登記

2019年10月01日

消費税10%がスタート

消費税が10月1日より10%となっておりますが、
直接的な分かりやすい影響は郵便料金や銀行の手数料の
値上がりでしょうか。

特に郵便料金は切手を買いだめしていた方にとっては追加
切手を貼る必要があるなどめんどくさい状態になるかも
しれません。

司法書士の報酬も今日から2%分値上がりしますので、
多少値段が高くなったと感じるかもしれません。

しばらくは消費税の影響があるものについては多少の混乱が
続くかもしれませんね。

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | その他