2014年09月08日

突然解雇を通告された場合の対応

突然解雇を通告された場合、まずはそもそもその解雇が有効であるか
どうかを確認する必要があります。

労働者の解雇は労働法上各種の制限があり、それにあてはまれば
解雇が認められないからです。

また仮に解雇が有効であるとしても解雇予告手当が支給されているかどうかや
未払いの残業代や退職金等がないかどうかも確認する必要があります。

その上で解雇等に問題があり、かつご自身での解決が難しければ、労働基準監督署へ
の相談や弁護士や司法書士といった専門家に相談することになります。

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-4967-9119
URL: http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 09:00| 裁判関連