2014年10月09日

録音テープやビデオ撮影した遺言の有効性

録音テープやビデオ撮影した遺言を作成した場合、結論としては
無効となります。
なぜなら、民法の全文を自署するという遺言書の有効要件を満たさないからです。
仮に録音テープやビデオ撮影の内容が本人の意思によるものと間違いないと
分かっていても同じです。
あくまで遺言の有効性は法律上の問題であり、法律上は民法の条件を
満たさなければ有効といえないからです。

弊所でも遺言書の書き方も含めて将来の紛争防止も考慮した遺言書の作成
に関するご相談を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−4967−9119

<関連リンク>
相続相談室
遺言書作成

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-4967-9119
URL: http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 09:00| 遺言書作成