2014年10月17日

相続税の計算例(あくまで参考程度)

相続税がかかる場合に、具体的にどの程度の税金がかかるかは専門の税理士等に
確認するのが一番ですが、おおまかにどの程度か覚悟するにはある程度確認した
方が安心です。

今回は、父が死亡し、預貯金の遺産額が2億円、葬儀費用や債務の額が2000万円、
相続人が子供1名のみで、愛人1名に9千万円の遺贈がされている場合の愛人の
相続税の大まかな計算方法について記載させて頂きます。

まず、遺産額から葬儀費用や債務の額を差し引きます。
この差し引いた額が課税価格となります。
2億円(遺産額)  − 2千万円(葬儀費用) = 1億8千万円(課税価格)

基礎控除分を相続税改正前として計算します。
5000万円 + (1000万円× 相続人の数<1人>)=60000万円

課税遺産総額
1億8千万円(課税価格)− 6千万円(基礎控除額) =1億2千万円

これを相続税表で計算すると

1億円超3億円以下のため、
1億2千万円× 40% −1700万円 = 3100万円

愛人・子供の相続税額はともに
3100万円× 9000万円÷1億8000万円 =1550万円

さらに愛人の場合は、子供と異なり上記金額に2割加算がついて
1550 + 1550万×20% = 1860万円
となります。

※相続税については専門外のため正確な計算式につきましては、
税務署等でご確認ください。
具体的な相続税の計算については専門の税理士等にお尋ねください。

<関連リンク>
相続相談室

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-4967-9119
URL: http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 09:37| 相続関連手続き