2014年10月20日

相続人以外への財産をあげたい場合

遺言をする方が法律上の相続人は存在するものの、
なんらかの理由で相続人以外の第三者に財産の全てを
譲り渡したい場合、自筆証書遺言で済ませる方も
いらっしゃるかと思いますが、このような場合は
公正証書遺言にした方が無難です。

なぜなら、自筆証書遺言の場合、少なくとも遺言書の検認の
手続で相続人の関与が必要で、もめるきっかけにもなり得る
からです。

また、自筆証書遺言の方が公正証書遺言と異なり、本人の
ものであるのか、本人の真意によるものなのかといった
点についてもめる可能性が高まります。

ですので、公正証書遺言が多少の費用や手間がかかるので、
敬遠しがちですが、このような場合は、公正証書遺言の方が
無難だといえます。

弊所でも遺言書の書き方も含めて将来の紛争防止も考慮した遺言書の作成
に関するご相談を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−4967−9119

<関連リンク>
相続相談室
遺言書作成

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-4967-9119
URL: http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 09:00| 遺言書作成