2014年10月28日

成年後見申立書を作成できる専門家

成年後見申立書作成の代行を希望される際にどの専門家に
依頼すればいいのか迷う方もいらっしゃるかもしれません。

まず、そもそも成年後見申立書を作成できる専門家は
司法書士と弁護士に限られます。

ですので、例えば、行政書士が成年後見申立書を作成して
裁判所に提出すると違法となります。

司法書士と弁護士に頼んだ違いについてですが、成年後見申立てに
限っては実質的な違いはほとんどありません。

ただし、申立報酬については弁護士の方が司法書士と比べて一般的に
高額になる傾向があるようです。
実際のサービス面については、司法書士の実際の後見人としての選任率は
弁護士よりも上ですし、後見分野の知識は個々の専門家の個人差は当然
あるものの豊富な場合が多いですので、問題はありません。

被後見人に複雑な訴訟が予定したりするなど弁護士の得意分野である訴訟的
能力の活用が予定されている場合などは弁護士に最初から依頼した方が
望ましい場合がありますが、それ以外の場合は、特に資格にこだわらず、
費用面や依頼する専門家との相性・人物像等も考慮しながらどちらに
するのかを判断するのが望ましいと思われます。

弊所でも成年後見申立てに関するご相談を承っておりますので、
お気軽にご相談ください。

<関連リンク>

成年後見申立て

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-4967-9119
URL: http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 09:00| 成年後見