2014年12月09日

遺産分割と成年後見申立て

例えば、Aが死亡し、相続人としてB,Cがいるが
Cが認知症である場合、このままでは遺産分割協議が
できないことになります。

この場合、Cに対する成年後見の申立てをすることによって
Cの代理人として成年後見人が遺産分割協議をすることが
できます。

ただし、遺産分割を目的として成年後見の申立てを
する場合、以下のような点を検討する必要があります。

まず、成年後見の申立てを行うことを専門家に依頼する場合、
その分だけの実費と専門家報酬が余分にかかります。

実費部分については本人の財産から出すことができる場合が
ありますが、専門家報酬は申立人負担となります。

また、成年後見人が選任されたからといって遺産分割協議の内容は
裁判所が関与しますので、自分が思っていたような協議ができない
可能性があります。
とりわけ成年後見人が遺産分割協議に参加する場合には、本人の
法定相続分の確保が強く求められます。

さらに、遺産分割協議が無事に終了しても成年後見人の職務はそのまま
継続しますので、そのあたりの点も考慮する必要があります。

弊所でも遺産分割協議を前提とした成年後見申立てのご相談も承って
おりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>
成年後見申立て

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
URL: http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 10:05| 成年後見