2015年05月08日

保佐や補助の代理権付与の申立てについて

保佐や補助の場合で代理権を行使したい場合、代理権付与の申立てによって
個別の代理権を取得することになりますが、代理権付与の範囲は必要性・相当性
のある範囲に限られます。

そのため、申立時に将来に備えて広範囲の代理権の付与を申し立てても
全てが認められるとは限りません。

将来において代理権の追加が必要となった際には、別途改めて本人の同意を
得て代理権付与の追加申立てを行うことになります。

また、代理権の付与には本人の同意が必要なため、そもそも本人が代理権の
付与に同意しない場合は、つけることができません。

弊所でも成年後見申立てに関するご相談を承って
おりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−4967−9119

<関連リンク>
成年後見申立て

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-4967-9119
URL: http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 09:54| 成年後見