2015年06月24日

成年後見人等をやめたい場合

成年後見人等は裁判所が選任しているので、成年後見人をやめられるのは
解任の申立てがありかつ裁判所が解任相当であると判断した場合か、
裁判所の許可を得て辞任するもしくはご自身か本人が死亡した
場合などに限られます。

通常成年後見人が個人的な事情によって自らやめたいと思われる場合は、
裁判所に対して辞任許可の申立てを行うこととなります。

その場合、後任を子供等の親族に引き継ぎたいと思われる方も
いらっしゃるかと思いますが、後見人選任の判断はあくまで
裁判所が行うものですので、希望通りいくとは限りません。

いずれにしましても、成年後見人にいったん就任すると自由にやめることが
できないことは確かですので、成年後見人に就任することを検討中の方
はそういったことも含めてしっかりと検討することが必要だといえます。

弊所でも成年後見申立てに関するご相談を承って
おりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>
成年後見申立て

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
URL: http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 09:00| 成年後見