2015年07月10日

生前の相続放棄について

兄弟間で将来の相続について話し合いの際にたまに兄弟の一人から
お父さんの遺産はいらないというような趣旨の書面を書いて
もらったりする方がいらっしゃいますが、このような書面は
法的には無効です。

ですので、仮にそのような書面を書いた兄弟が実際の相続発生時に
権利を要求してきた場合には、その書面を理由に拒むことは
できません。

このような場合は、お父さんに遺言を書いてもらったり、生前贈与を
うけるなどなど、別の手段によって解決する必要があります。

弊所でも相続関係書面の作成の代行を承っておりますので、
お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>
相続相談室

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 09:00| 相続関連手続き