2016年05月19日

生命保険を利用した相続対策

相続対策の一環として遺言書の作成とは別に生命保険を利用した
相続対策があります。

生命保険の受取金に関しては受取人が相続人であるなどの要件を満たせば
現行税法上「500万円×相続人の数」まで非課税になり、税金上を意識し
た相続対策を金融機関などにより提案されることが多いようです。
(※税や保険に関して詳しくは専門の税理士等にご確認ください。)

これについて税金上は確かにメリットがありそうなのですが、相続対策を行う際には
相続対策を行う本人の死亡日までの生活までも考慮に入れる必要があります。

税金を意識しすぎるあまりに自分自身の将来の生活資金が不足してしまったなどが
あっては元も子もありませんので、注意が必要です。

尚、生命保険は相続発生時には受取人固有の財産となり、遺産分割の対象とは
ならないため、特定の相続人や人物に相続させたいという意図がある
場合にも利用可能です。

弊所でも遺言書の作成も含めて将来の相続に関するご相談なども
承っておりますので、お気軽にご相談ください。

<関連リンク>
相続相談室

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
URL: http://shiho-shoshi.asia/

posted by よどがわ事務所 at 11:00| 相続関連手続き