2018年06月12日

相続登記の戸籍の有効期限

相続の戸籍については基本的に有効期限がありませんが、各相続人の
戸籍については生存確認の関係から被相続人の死亡日以後
であることが必要です。

尚、昔取得した戸籍を利用して登記する場合として、
まず、過去に相続のために戸籍を取得したが協議がまとまらず、
最近になって遺産分割協議が成立したといったものが考えられます。

その他の場合としては、夫婦のうち夫がなくなって相続登記をしたが、
その後、妻がなくなり、子が相続登記を行う場合、夫の戸籍と妻の
戸籍の重なっている部分で昔取った夫の相続戸籍を利用する
ことなどが考えられます。

弊所でも相続登記に関するご相談を承っておりますので、
お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>
相続相談室

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
URL: http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続登記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183517515
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック