2018年06月27日

少額の土地を相続した場合の相続登記の免税措置

ご存知の方も多いかと思いますが、所有者不明土地の利用の円滑化等に関する
特別措置法施行日〜平成33年3月31日までの間、少額の土地を相続した
場合の相続登記の免税措置がとられております。

一定の条件を満たす不動産の価格が10万円以下の場合の相続登記に
登録免許税を課さないとするものです。

要するに10万円以下の場合は、条件を満たせば1000円の登録免許税が
かかるが、まけてあげるという特例です。

たかが1000円ともいえそうですが、田舎などではこの特例の適用の
使えそうな土地は結構あり得ますし、ジュース代や交通費程度のたしに
はなるかもしれませんので、知っておいて損はないかもしれません。

尚、所有者不明土地の利用の円滑化等に関する特別措置法は法案自体は
平成30年6月6日に可決されましたが、まだ本日現在では
施行されておりません。
ですので、この特例を使うには近いうちに法令が施行されるまで
待つ必要がありそうです。

<関連リンク>
少額土地相続の免税措置等について(国税庁)

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
URL: http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続登記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183653242
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック