2018年07月03日

平成30年司法書士試験のその後〜ダメだった方へ

平成30年司法書士試験が終わりましたが、だめだった方は
かなりのショックを受けているかと思います。

毎年、資格試験関連はだめだった時にその後どうする的な話に
なる方がいらっしゃるかと思いますが、やめるかどうかの判断は
3年以上受験しているか否かが基準となるかと思います。

なぜなら、1回目はたまたまの失敗だったとしても2回目、
3回目と続くとその失敗には原因が間違いなくあります。
三度目の正直という言葉もありますし、3回を超えて不合格と
いうのは厳しい状況にあるといえます。

3年程度も勉強すれば知識レベルでは不十分であるとはいえませんので、
原因が特定できないままに翌年以降同じような形で受験しても合格は
難しい可能性が高いからです。

長期間の受験勉強というのはギャンブル的な部分もあります。
これまでにかけてきた時間や労力を無駄にしたくないという
気持ちやなんとなく次は合格できそう的な希望的観測もあり、
それらがまさにパチンコの玉がもうすぐでそうだという心理に
近いものがあります。
そのような心理状況のためやめづらいのは確かですが、
司法書士試験にかわる他に目指したいものを探して
みるのもいいかもしれません。

また、どうしても辞めづらい方は保険として働きながらの
受験がお勧めです。
合格レベルの知識は働きながらでも十分取得できますし、
案外専業でやった時よりもあっさり合格する場合も
あり得ます。

また、仮に受験をやめるとなっても居場所があるため、
無職状態を回避できます。
少なくとも何年も資格試験を専業でやると仮に将来合格
しても世の中で通用しにくくなるのも確かですので、
社会との接点をなるべく持つことをお勧めします。

尚、だめだと思っていてもよほどかけ離れた点をとってない限りは
まだ不合格だとは決まったわけではありませんので、発表までは
ぜひ頑張ってください。
また、調子のよかった方も油断せずに最後まで頑張ってください。

<関連記事>
司法書士・行政書士受験生のお悩み相談

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
URL: http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務と無関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183710423
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック