2018年07月19日

着信転送サービスのトラブル

朝日新聞の記事に業者が03からはじまる着信転送サービスを
利用して携帯などから詐欺的な営業していることを問題視した
記事がでているよう。

もう少し分かりやすく書くと、被害者が03の固定電話
からの詐欺電話だと思っていたら・・・
他府県在住の詐欺的業者が携帯からかけたものだった、
素性を隠して悪質なことをするとは何事だ、
総務省が規制することにしたよ的な感じの記事です。

記事上では細かい仕組みは記載されていませんが、仕組みとしては
恐らくいったん03の転送業者電話にかけてから相手先の電話番号を
登録し、転送業者電話から発信という形のものかと思います。

ネットでいえばプロキシ(ネット接続の際に直接サイトを見ずに
間に別のものをかましてから見る)の電話版みたいなもの
でしょうか。

かけている元の電話番号が何かわからないことからかけられた相手は
気持ち悪いので、総務省の転送業者に本人確認を義務づける等の
方向性はそれで完全に解決するわけでもないかもしれませんが、
野放しにするよりは悪くないと思います。

いずれにしても、電話上に表記される着信の表記は電話表示の仕組み上、
100%絶対にその番号かは断定できないことは確かですので、
着信転送に限らず、内容のおかしな電話については用心した方が
いいかもしれません。

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務と無関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183942283
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック