2018年08月03日

相続登記と複数の遺産分割協議書

相続登記の遺産分割協議書の形式は私文書でも公正証書でもいいのは
もちろんですが、1枚の協議書で行わなくても受理されます。

1枚の協議書で行わない場合として遺産分割協議証明書を作成して
各相続人が署名押印するのが有名ですが、例えば、同じ協議書を
複数枚作成して各相続人が署名押印する形式でも法務局では
受理されます。

また、A、B、C、D、Fの相続人がいるとして、
A、B、Cの協議書とD、Fの協議書2通を添付しても
書類内容に不備がなければ法務局で申請を受理されます。

ただ、基本は通常の遺産分割協議書を作成した方が無難です。

弊所でも相続手続きのご相談を承っておりますので、
お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>
相続相談室

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続登記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184078853
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック