2018年08月09日

クックパッドはそろそろねらい目か!?

クックパッド(2193)といえば、お家騒動で株価が急激に値下がりを
しましたが、年初来安値を付けてから安値圏でのはらみ状態が
続いております。

信用買残が300万越えで貸借倍率もあまりいいとはいえず、まだまだ
下がるともいわれていますが、一年以上保有した場合の優待
(3600円相当のクックパッド利用権)利回りで考えると
7%を越えておりますので、クックパッドの利用料を支払って
いる方にとっては購入しても悪くないかもしれません。
(減配・無配の可能性はありますが、優待の他に配当もあります。)

仮に今現在の468円から値がさがってもクックパッドの現状から
総合的に判断すると、100円程度(100株購入の場合は、
値下がりによって1万円程度の損)が限界な感じがしますし、
リバウンドや新規事業が当たった場合の宝くじ的な意味合い
でのキャピタルゲインの可能性もあります。

現状、クックパッドの株価が下がり続けているのは動画関連で
クラシルなどのライバルが出現していることや有料会員が頭打ちに
なっていることを主要因としていますが、会社自体が株価対策を
していないこともあります。

株価が反転するには現状は新規事業による結果を出さない限りは
難しそうですが、新規事業には積極的なため、今後、何かがあたる
可能性はないとはいえません。

株でもうかるもうからないは自己判断ですが、クックパッドの
有料サービスを利用している方にとっては100株だけなら
購入が検討できる段階に入っていると思われます。
有料サービスを利用されている方にとっては仮に購入後に株が
値下がりしても利用料を払っていると思えば納得できるから
です。

ちなみに、クックパッドは本日決算日ですが、過去の決算では
決算発表後に狼狽売りやしかけ売りにより暴落している
傾向にあります。

ここ最近は投資期間として、新規事業にお金をかけていることで、
会社の経費的なものがかさんでいる可能性が高く、その分だけ
利益を圧迫する可能性があるので、大幅減益の可能性が高い
と思われます。

ですので、クックパッド株を購入する場合は、明日以降に
購入した方が安くなる可能性が高いと思われます。

仮に予想外の好決算だとした場合は、急騰の可能性はありますが、
急騰の可能性よりも暴落のリスクの方が高いので、あえて勝負する
必要はないと思います。

尚、クックパッドの優待が取得できるのは12月ですので、優待に
興味がある方は12月までチェックしてみるといいと思われます。
今日の決算が悪く、明日に暴落すれば下値模索により、12月まで
じりじりと下がる可能性が高いと思われます。

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
URL: http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務と無関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184129510
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック