2018年09月19日

ビジョナリーホールディングスの株価の行方

ビジョナリーホールディングス(9263)といえば、2018年7月19日に
203円の高値をつけて以降、APの株売却による株価下落などがあり、
しばらくの間は130円前後で推移しておりました。

それが、2018年9月11日に突然の急落で120円を切り、勢いに乗って
9月14日には86円まで下げることになりました。

9月14日には86円まで下がった後に102円まで戻し、99円の終値。
9月18日は97円で取引が始まり、101円の終値で取引終了。

今後の流れですが、当面の基準価格は97円〜99円あたりとして株価が
動く可能性が高いと思われます。

理由としては、株価急落時にとりあえずその価格帯までは戻し、翌日も
このあたりでねばったところをみるとこの辺では買ってもよいという
人が多いということが分かるからです。

心理的にも2桁と3桁の境界線であることや直近の高値の200円の約半値のため、
このあたりが節目となりやすいですし、もとの60円〜70円程度の上がる前の
株価時から会社自体が成長していることを考慮すると、この辺が基準となりそうです。

この基準で行くと80円台は割安という扱いになりますので、ろうばい売りなどで
80円台にいくことがあっても、90円台後半に戻す可能性が高く、80円台になった
当日は購入した直後に90円台で売りを入れておけば買った時よりも高値で売れる
可能性が高いという形になります。

ですので、長期的に持つことを前提にし、ビジョナリー自体の会社運営に悪材料が
でない限りは、すると90円台後半で買っておけば仮に下がってもいつかは
それよりも高値で売れる可能性が高いラインといえます。

逆に当面は90円台後半が基準となっているので、本日以降株価があがっても何かの理由で
下った時はこのラインあたりまでは下がってくる可能性が高いラインとなります。

ビジョナリーホールディングスについては信用買の多さや株数が多すぎる、大株主が
不在などの理由で株が暴落するという不安を抱いている方も多いですが、これ以上は
下りにくいのではと個人的には思います。

会社の経営は傾いていない以上は、ある程度株価が下がれば買いたくなる人が現れ、
買いが入ることによって株価の支えとなりますし、100株約1万円で買える点や
いちおうの株主優待もあるので、新規で買ってみようと思う方も買いやすい価格帯
だからです。

株価は企業価値やその他もろもろで判断材料にする人もいますが、結局株価を決めるのは
売りたい人と買いたい人の心理戦なので、これ以上下げようとすれば、誰も買いたくないと
思わせるくらいの強烈な売りをしかけて株保有者を心理的に追い詰めない限りは
難しいと思います。

とりわけ直近の取引で100円以下の株主も増えているので、それらの株主もやばいと
思う株価にしようとするならば、かなりの売りエネルギーがいると思われます。

今後の株価の流れとしては100円前後を基準にあがったり、下ったりで
株価が大きく動くのは何かの仕掛けや材料待ちという流れになる可能性が
高いと思われます。

いずれにせよ、今現在の株価はストレスがたまる価格帯ではあるので、神経質な方は
売りも買いも参加は控えた方が無難です。

雰囲気のみの分析のため、あたっているかどうかは分かりませんが、
ビジョナリーホールディングスの取引をされる方は一意見
としてご参考にどうぞ。

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
URL: http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 08:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 業務と無関係
この記事へのコメント
ブログ拝見致しました。信用買い残が徐々に減少するか売るに売れず投げ売りするかいずれかを待つのみですね。今のこの銘柄は待てない人我慢できない人=短期値幅狙いの輩には向かないと思います。まさに鳴くまで待とうホトトギスですね。
Posted by R-オフィス at 2018年09月23日 11:22
確かに長期目線で保有しないと当面はしんどい
銘柄だと思います(^-^;

b.g.関連で100円程度まで上がった後にいったん下がり、
60円台でもみあっていた時期に買った方はまだ含み益だと
思いますが、ストレスがたまることは確かですし、株価が
安定するのはまだまだ先だと思うので、気にしすぎな方は
保有しない方がいい銘柄だと思います(^-^;

>R-オフィスさん
>
>ブログ拝見致しました。信用買い残が徐々に減少するか売るに売れず投げ売りするかいずれかを待つのみですね。今のこの銘柄は待てない人我慢できない人=短期値幅狙いの輩には向かないと思います。まさに鳴くまで待とうホトトギスですね。
Posted by よどがわ事務所 at 2018年09月25日 08:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184461037
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック