2018年10月25日

リーガルサポートの全件原本確認について

リーガルサポートに加入している司法書士が後見人に就任している
場合、不定期に通帳等の全件原本確認が行われています。

リーガルサポートでは毎回の定期報告時に通帳のコピーを提出して
裁判所との監督とは別に成年後見事務の監督を受けているのですが、
写しだと偽造等の恐れがあるため、通帳の原本を確認することに
なっている状況です。

この原本確認の流れとしては、最初に書面で原本確認するぞ通知が
届き、指定日時の都合がつかなければ、候補希望日をあげて返信。

その後、正式な原本確認の日時が決まります。

日時が決まると当日に付箋などをつけた通帳をもって司法書士会館
にいくという形になります。

原本確認の方法としては、リーガルサポートの報告日時点での残高と
通帳原本の金額を照合するとともに、複数の通帳がある場合は、
通帳の名義人が同じかの確認をとっています。

全ての確認が終わると事後的に交通費の請求をリーガル側にすると
原本確認のための交通費が支払われるようです。

みたいな感じでリーガルサポートに加入している司法書士に後見人を依頼すると
いちおうの横領等防止のための監督が行われていますので、専門職を完全に
信頼できない方も多少は安心かもしれません。

尚、原本確認については一部の会員の方からプライバシー侵害等の疑義も
あるようですが、違法かどうかは別にして違法性があっとしても軽微か、
違法性が阻却されるレベルだと思うので、ここを争うのは少し主張
として弱いような気がします。

最終的にはそういった疑義をなくすためにも原本確認等を行うのであれば
リーガルサポートによる監督を裁判所でなんらかの制度として組み込み
した方がトラブルがなくていいかもしれませんね。

弊所でも成年後見申立てに関するご相談を承っておりますので、
お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>
成年後見申立て

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
URL: http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 成年後見
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184764896
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック