2018年11月12日

後見申立てと長谷川式認知症スケールの利用について

後見の申立ての際にどの類型にするかは長谷川式認知症スケールも
参考にされますが、その基準としては以下のものとなります。

10点以下    高度 後見
11点から19点 中度 保佐
20点以下    軽度 補助

長谷川式スケールで類型が絶対的に確定するわけではありませんが、
特にたいした理由もなく、これとかけ離れた類型で申立てすると
鑑定などに移行する場合もありますので、注意が必要です。

弊所でも成年後見申立てに関するご相談を承っておりますので、
お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>
成年後見申立て

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
URL: http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 成年後見
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184920789
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック