2018年12月04日

抵当権抹消時の抵当権者の住所や氏名の変更登記

抵当権や根抵当権の抹消登記を行う際に抵当権者の住所や
氏名・商号が登記簿上の住所と異なっている場合があります。

この場合にこれらの変更登記が必要となるかどうかですが、
結論としては不要です。

この場合には住所や名前が変わったことが分かる証明書を
添付して登記することとなります。

ただし、変更の理由が抵当権消滅前に合併などによって
抵当権者や根抵当権者自体が変わってしまっている場合は、
抵当権や根抵当権の移転手続きが必要となります。

弊所でも抵当権や根抵当権抹消登記のご相談を承っておりますので、
お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>

抵当権抹消登記

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 07:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 抵当権・根抵当権
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185136321
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック