2019年02月19日

相続人でない者が戸籍に掲載されている場合の相続登記

例えば、被相続人の子供でないのに被相続人の兄弟姉妹の子などを子供と
して戸籍に届け出ている場合、法律上は相続人でないといえますが、
戸籍上の記載から形式的には相続人として扱う必要があります。

そのため、そのままでは被相続人の子供でない戸籍上の相続人を排除した
した形での遺産分割協議書を作成して相続登記をするのは難しいといえます。

ですので、このような場合は、親子関係不存在の訴えなどの裁判手続きを
踏むなどによって対応する必要がありますが、通常の相続手続きと比較して
困難を伴う形となります。

弊所でも相続手続きのご相談を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>
相続相談室

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続登記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185573884
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック