2019年07月18日

エンディングノートを複数作る場合

エンディングノートを作成する場合、1冊にまとめられる方も結構
いらっしゃるかもしれませんが、エンディングノートを分けて作成
するのも一つの手段です。

なぜ分ける必要があるのかですが、エンディングノートに記載する
内容といっても自身の医療のことから財産のことまで様々です。

とりわけ財産的な部分についてはデリケートな部分もあると思うので、
生存中は人目にさらしたくない場合もあり得ます。

こういった場合は、見られても問題ない事項とあとから見てほしい
事項にわけてエンディングノートを作成するのもいいかもしれません。

弊所でもエンディングノート作成も含めて相続手続きに関するご相談を
承っておりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>
相続相談室

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続関連手続き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186289225
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック