2019年08月13日

ふりこの1往復する速度

ふりこといえば、糸におもりをつるして、ふれるようにしたもので
音楽で使用するメトロノームや振り子時計などで有名です。

このふりこで小学生レベルで勉強するのが、振り子が往復する
速度はなにによって変わるかですが、ふりこの往復する速度は
支点からおもりの重心までのひもの長さのみが影響します。

振り子のおもりを100グラムから1000グラムに重くするなど
しても振り子の往復する速度は変わりませんし、振り子のふれる
振れ幅を変えても往復の時間は変わりません。

振れ幅を変えれば振り子の速度は速くなりますが、その分だけ動く
距離も増えるので1往復分は変わらないということです。

結局、ふりこの1往復する時間は長さだけしか影響しないので、複数の
振り子で遊びたい時には長さをいじればいいということになります。

尚、ふりこは支点からおもりの重心までの長さを長くすればするほど
遅くなり、短くすればするほど早くなりますので、長さを変えれば
複数の振り子の動きに変化をつけることが可能です。

だからどうしたといえばそれまでですが(^-^;

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務と無関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186416446
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック