2019年08月28日

家族間でもめないための気持ちの持ち方

他人であれば許せるのに家族であれば許せないことって
よくあると思います。

例えば、夫婦で夫や妻が気が利かないとかで腹を立てたり、
けんかすることなどもあるかもしれません。

こういった場合、冷静に考えれば全くの他人であれば何も
期待してないはずなので怒る対象にならないと思います。

あくまで夫婦で過剰に期待しているから腹が立つのだと思われます。

家族間ではお互いが相手が家族のためにやることは当たり前的な
雰囲気があるため、基本的にお互いに感謝の気持ちが芽生えにくい
状況です。

むしろ、自分がやってる感が大きいと自分は仕事や家事で疲れているのに
気の利かん奴だなと怒りが湧いてくることとなります。

こういった場合に、自分も疲れているなら相手もなんらかの形で疲れている
はずだという気持ちをお互いが持てれば少しは家族間のけんかも少なくなる
かもしれません。

なんでも当たり前だとは思わない、自分がやったことに見返りを求めない、
自分がしんどいと思うレベルくらい過剰に無理をしないみたいなスタンスで
いれば少しは穏やかな気持ちで過ごせるかもしれませんね。

あまり無理をしすぎるとなんで自分はこんなにしんどいのに分かって
くれないんだ的なことになりかねません。

実際のところはこれで解決するかどうかはよくは分かりませんが、
困っている方は試してみてはいかがでしょうか(^-^;

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186480458
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック