2019年09月17日

悪質な電話営業にひっかからない方法

悪質な電話営業ってのは頼んでもないのにしつこく営業してくることが
多いと思いますが、基本的には迷惑電話防止機能などで排除すれば
問題ないかもしれません。

ですが、悪質な営業電話が絶えないということは電話に出てしまって
うっかり口車にのせられている被害者もそれなりにいるのだと
思われます。

こういった場合にどういう対応をとれば被害にあいにくいかですが、
基本的に見に覚えのない横文字のカタカナ的な会社名や関西電力など
の大手を名乗る電話は相手が名乗った段階で即電話を切るのが
正解かと思われます。

関西電力などを名乗る場合はたいていは料金が安くなるとかお得な情報が
あるという感じでかかってくるので、営業だと分かりやすいかもしれません。

気の弱い方はついつい受答えしてしまう方や相手がしゃべっている途中で
電話をきるのが悪いと思われる方もいらっしゃいますが、適当に名簿で
かけているだけなので、即きったところで害はありません。

身に覚えのない相手からの電話は一言もしゃべらずに即きるという
方法をとっておけば問題ありません。

どうしても心配な方なら無言で相手の言葉だけを聞いてから
判断しても問題ありません。

悪徳商法の方の大半は一人でしゃべり続けることが多い傾向に
ありますが、少し聞けば関係ないということもわかるかと
思います。

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186570321
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック