2019年09月18日

遺言による特別受益の持ち戻しの免除

亡くなった方が生前に特定の相続人、例えば長男などにお金を
余分に渡していた場合、特別受益として亡くなったかの相続時に
その金額を考慮して長男の取り分を減らされることがあります。

細かい計算方法は別にしても、過去のことを持ち出して話し合い
やらをするともめることが多く、感情的に収集がつかなくなる
こともよくあります。

こういった場合に遺言書で亡くなった方が特別受益の持ち戻しの免除の
意思を表示しているとトラブルを防止できる場合があります。

弊所でも特別受益の持ち戻しの免除も含めて遺言書作成の
ご相談を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>

相続相談室

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 遺言書作成
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186575780
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック