2019年10月24日

デビットカードのメリット・デメリット

クレジットカードと似たようなものとしてデビットカードなる
ものがありますが、その違いは以下のものとなります。

デビットカードはクレジットカードと異なり、使用したら
すぐに口座から引き落とされます。

そのため、クレジットカードのような支払が遅れることに
よる使い過ぎを防止できます。

また、デビットカードは基本的に銀行系のみが発行しており、
使用限度額も口座に入金している額に限られます。

ですので、クレジットカードのように持っているお金以上の金額の
買い物はできませんし、口座に入っている額の範囲しか使えないので
クレジットカードのような入会審査もありません。

デビットカードはクレジットカードが支払いの先延ばしで気持ち悪いと
感じる方にとっては魅力的なカードかもしれません。

ただ、問題点としては不正利用された際や商品のキャンセルをする際は
即時に引き落とされる関係で対応が難しくなります。

また、不正利用の補償も上限が設定されていることが多いので
注意が必要です。

弊所でも成年後見申し立ても含めて高齢者の財産管理に関する
ご相談を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>

成年後見申立て

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186719930
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック