2020年04月09日

コロナウィルスによる倒産等

最近、コロナウィルスを発端として経営が厳しくなったり、家賃の
支払いが困難になるなどの方もではじめているようです。

賃料等の諸費用については仮に収入がなくなって払えなくなっても
支払義務はありますので、もし払えない場合は、お願いという形で
相手方に猶予してもらうしかありません。

払えない側も死活問題ですが、例えば家主などの受取人側も賃料が
受け取れなければローンの支払など各種費用のあてがなくなります
ので、死活問題となることが多いようです。

ですので、賃料の支払いも含めて支払いの猶予等をお願いする場合は、
なるべく丁重にお願いしてみた方がいいかもしれません。

また、株式の値動き自体もあまりたいした理由もない値動きが
続いておりますので、長期的な目線で銘柄を特に選別して買う
以外はあまり手出しをしない方が無難かもしれません。

いずれにしましても、コロナウィルスの経済的な打撃はそれなりに
あることも確かですので、病気だけではなく、それに対する警戒も
必要かもですね。

<関連リンク>

契約書作成

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187363105
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック