2020年04月21日

国民の三大義務について

たまに学校のテストなどで日本国憲法の国民の三大義務が
出たりすることがあるかもしれません。

国民の三大義務とは、
@教育の義務(26条2項)
A勤労の義務(27条1項)
B納税の義務(30条)
の3つです。

「将来働き手となって税金を納める子供の教育をしながら、
ちゃんと働いて税金を納めてね。」

みたいな国に税金を払うための一連の義務みたいな
感じで覚えれば覚えやすいかもしれませんね(^-^;

参考:日本国憲法
第26条 すべて国民は、法律の定めるところにより、
その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する。
2 すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する
子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。
義務教育は、これを無償とする。
第27条 すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。
第30条 国民は、法律の定めるところにより、納税の義務を負ふ。

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-4967-9119
URL: http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187391621
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック