2020年06月15日

レジ袋有料化とその影響について

ウィルスなどが付着した際のエコバックなどがコロナ対策としては
どうかといわれてますが、7月に向けて小売店の一部では既に
レジ袋の有料化がはじまっているようです。

このレジ袋の有料化はコロナ的にはどうなのかということや
実質家計負担増になることは別にして小売店的にはどうなのか
を考えると結構利益的な恩恵も出るような気もします。

例えば、エコバック持参者に1回の会計につき、2円引きなど割引を
していたスーパーなどは割引をしなくてよくなる上にレジ袋を1枚
いくらかで販売できますので、マイナスがなくなった上にプラスまで
出るので利益の上乗せができそうです。

しかも、レジ袋の有料化はどの店も法律で強制された横並びにするところ
が多いと思われるため、有料料金も取りやすくなります。

また、このレジ袋の有料化は環境にいいレジ袋や紙袋は除外のはずですが、
百貨店などの対応を見ると紙袋も有料化にしているところが多いようです。

レジ袋が有料なら客側としては紙袋が欲しいというと思われるので、
そういった流れでは紙袋も有料になるのかもしれませんが・・・。

店側としては無料で渡していた袋代の経費が浮くとともに逆に
袋代が懐に入ってくることになるので利益率向上になりそう
な気がします。

袋消費量的な面でいえば、有料になると希望する側も過剰に欲しいとは
いいずらくなるので、減るのかもしれませんね。

そういったことから百貨店の紙袋などは有料となると消費量は減ると
思われるので、その紙袋を作っている業者は売り上げが下がるかも
しれません。

いずれにしろ、レジ袋無料化が環境にいいかどうかは別にしてもコロナ
で売り上げがあがったスーパーなどにとってはさらなる追い風になる
かもしれませんね。

たかが袋といっても年間交付枚数でいえばかなりの量になると思われるので、
株価的にもスーパーや百貨店などにとっては影響があるかもですね。

関連記事:レジ袋有料化の時期について

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
URL: http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187598662
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック