2020年06月22日

大阪府休業要請外支援金申請の必要書類について2

大阪府休業要請外支援金申請で前回に引き続き
疑問となる部分を追加します。

事務所などはあるものの、賃貸借契約書がない場合、
使用者と所有者の連名の申立書と事業として借りて
いることが分かるその他補足資料が必要となります。

要するに、書類がない部分は書類を出せといっても
出せないので申立書や補足資料でカバーするという
ことだと思われます。

その他、契約書の氏名や住所が違うみたいなものも申立書や
補足資料で事情を説明することによって対応可能です。

ですので、何か申請書類に問題視され得る事項があれば
補足資料その事情を書いた申立書をつけておけば無難
かもしれません。

また、申請書の個人事業主の役職欄は役職がないので、
どうすればいいのか悩む方もいらっしゃるようですが、
単に「代表」と記載したり、「なし」で問題ないようです。

個人事業主の方で支援金の申請をされたい方は細かいことは
確認を依頼されるお近くの専門家等に御確認ください。

また、弊所でもご希望があれば専門家としての申請書の確認は可能です。
お近くの方でお困りの方がいらっしゃいましたら可能な限りは対応
させていただきますので、お気軽にご連絡下さい。

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
URL: http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187622280
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック