2020年07月21日

レジ袋有料化のその後

レジ袋有料化が7月からスタートしましたが、世の中的には
困っている方も結構多そうです。

例えば、エコバックを推奨といってもパンや本や食材を同じ
エコバックにいれれば、本やパンが傷みますし、何よりたくさん
買い物した場合等はエコバックに入りきらないというのも
あり得ます。

確かに袋単体としては数円〜数十円ですが、金額が低くても別途お金を
出すというのは心理的には負担感がありますし、店でものを買うごとに
袋代を払うというのも経済的にも負担かと思われます。

このレジ袋有料化は意外と店側にも影響があるかもしれません。

なぜなら買い物客の心理的負担感が増せば購買意欲が下がる可能性が
あるからです。

例えば、百貨店やコンビニといった立ち寄る系の店舗の場合、買ったものを
持ち歩くことを前提としていると思われるので、袋がない状況だとたくさん
買い物をすればするほどイライラがつのるかもしれません。

また、パン屋や本屋、食べ物のテイクアウトについてもレジ袋をもっていても
他のものとごっちゃに入れるのは心理的に嫌かもしれません。

逆に近所のスーパーなどはレジ袋がなくてもすぐに帰ることを前提にして
いるので、エコバックでもそれほど支障がないかもしれません。

そういった意味では近所の店ならレジ袋が無くても可の場合もありますが、
都市部などのおでかけして買うような店の場合は、レジ袋がないと買うのを
躊躇する可能性があり、多少の売り上げ的な影響があるかもしれません。

レジ袋有料化の影響は数か月後以降の企業の決算を見てみないと分かりませんが、
都市部の店舗は意外と売上レベルで打撃を受けている可能性もあるかしれません。

特に百貨店については高級感をうりにしているので、そのままポンと渡す
よりもレジ袋を環境にいい袋にかえて商品代に転嫁してでも有料化は
避けた方が無難だったような気もします。

いずれにしても、レジ袋の有料化は社会全体が慣れるまでにそれなりに
時間がかかるかもしれませんね。

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
URL: http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187718842
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック