2020年09月29日

行政書士試験の合格点

今年も行政書士試験が近づいてきましたが、行政書士試験を合格するには
@法令科目が50%以上 (択一式配点 184点 記述式配点 60点 )
A教養科目が40%以上 (択一式配点 56点)
B全体の得点が60%以上 (配点 300点)
を満たす必要があります。
要するに法令科目と教養科目の足切りがあるにしろ、6割、つまり180点以上
とっていれば合格できるということです。

尚、行政書士試験には記述式もありますが、これには足切りはないようなので、
理論上は0点でも他で点がとれていれば合格となります。
また、記述式については教養科目の足切りや法令科目の点が120点未満だと
採点されないようです。

今年の行政書士試験は令和2年11月8日(日)午後1時〜4時まで

勉強法はまたの機会に〜

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187959382
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック