2021年07月05日

生前の相続財産目録作成の必要性

遺産相続をする場合、相続人にとって困るのは亡くなった方の
財産がいくらあるのかということです。

預金通帳などであれば引き出しなどに入れていれば見つかりますが、
例えばネット預金やネットでの株取引、仮想通貨取引等をしていた
ような場合、その事実を知らなければわからない場合もあります。

こういったことは生前に自分自身が認知症などになった場合にも
困る可能性があります。

ある程度、どのような財産があるかをどこかにまとめておくと
何かあった時にまわりの親族にとって親切かもしれません。

幣所でも財産目録作成も含めて相続手続きのご相談を承って
おりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>
相続相談室

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続関連手続き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188816486
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック