2014年03月31日

借金があるかどうか不明な場合

亡くなった方にいくらかの預貯金等の財産があるが、他に借金などがあり、
相続をするのが不安な場合、限定承認という方法をとることができます。

この方法によれば、相続放棄などによって財産を放棄しなくても仮に借金が
多額であることが判明した場合でも相続した財産の範囲内しか責任を
負いませんので安心して相続することが可能です。

尚、限定承認をするには、相続開始があったことを知った時から3カ月以内に
相続人全員の意思により家庭裁判所に申立する必要があります。

弊所でも相続手続きに関するご相談を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−4967−9119

<関連リンク>
相続相談室

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-4967-9119
URL: http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 10:04| 相続関連手続き