2019年09月12日

戦没者等の遺族に対する特別弔慰金国庫債券と相続

たまに遺品整理などをしていると特別弔慰金国庫債券なるものが
出てくることがあります。

この戦没者等の遺族に対する特別弔慰金とは恩給などを受けていた
方が亡くなった後の遺族が節目節目に国に申請することによって
権利を獲得できるもののようです。

直近では第10回の特別弔慰金国庫債券が発行されているようで、
平成30年4月2日で受付が終了しているようです。

特別弔慰金国庫債券が見つかった場合は、請求済かどうか悩まれる方が
多いかと思いますが、下部のクーポン券が金額付きで残っているか
どうかを確認し、金額の記載がなければ既に請求済みであると
判断すればいいようです。

請求している場合はクーポン券が切り取られているので、それで
確認することもできるかもしれません。

弊所でも特別弔慰金国庫債券がある場合も含めて相続手続きの
ご相談を受け付けておりますのでお気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>

相続相談室

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続関連手続き

2019年09月10日

死亡届から戸籍反映までの期間

死亡届を役所に出した場合、すぐに戸籍に死亡が
反映されるわけではありません。

死亡届提出から戸籍上での死亡の反映までは個別事情によって
異なりますが、少なくとも1週間程度は死亡の記載のある戸籍を
取得できない場合が多いかと思います。

早急に死亡の記載の戸籍が欲しい場合は、役所に連絡して
急いでもらうしか手段がないということになります。

弊所でも死亡届提出直後の相続手続きも含めて相続手続きの
ご相談を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>
相続相談室

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続関連手続き

2019年09月09日

遺産の使い込み防止の手段その一

ある人が亡くなって相続が発生した場合、相続財産を管理している
特定の相続人の使い込みを心配される方がいらっしゃいますが、
こういった場合、金融機関への死亡連絡によってある程度まで
防ぐことは可能です。

例えば、亡くなった方が預金口座をお持ちの場合、死亡したから
といって直ちに預金が凍結されるわけではありません。

ですので、キャッシュカードなどで相続人が預金の引き出しを
することも事実上可能です。

こういった場合に、銀行などに死亡した旨を事前に連絡して
おけば預金の口座を凍結することが可能ですので、無制限の
引き出しを防ぐことが可能となります。

ただし、この場合も生前に同居親族などによって引き出しされた
場合は防ぐことはできません。

もめそうな場合は、事前に遺言書などでしっかりと各相続人の
取り分を決めておくことが紛争の防止になるかもしれません。

弊所でも遺言書の作成も含めて相続手続きのご相談を承って
おりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>

相続相談室

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続関連手続き

2019年08月30日

自宅不動産をめぐる相続トラブル例

自宅不動産がある場合の相続トラブル例として自宅に
相続人の一人が居住している場合があります。

この場合、遺産に自宅以外の十分な財産があれば問題が
ないのですが、問題は自宅しかない場合です。

例えば、自宅に長男がすんでいる場合は、両親の死後も
長男としては住み続けたいと考えますが、相続という話
となると次男の立場からすれば自宅を長男にあげてしまう
のが不公平だと感じることがあります。

この場合、長男に金銭請求をすることになりますが、長男が
払えないと拒むとトラブルの原因となります。

また、最悪の場合、協議が整わず、長男が家をでていかなければ
ならない羽目に陥る場合もあり得ます。

こういった場合は事前に遺言書を作成しておくとトラブルを
防止できる可能性があります。

弊所でも相続登記も含めて相続手続きのご相談を承って
おりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>

相続相談室

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続関連手続き

2019年08月26日

生きている間の財産移転は相続にならない

たまに相続対策と贈与をごっちゃにされている方がいらっしゃいますが、
生きている間に財産を移転する行為は相続ではなく、贈与となります。

そのため、自分が生きている間に財産を子供などに移転させると
基本的には贈与税の対象となります。

金銭的な負担を減らした形での移転なら遺言書の作成や相続時精算課税制度の
利用などあげかたを工夫する必要があります。

弊所でも相続手続きのご相談を承っておりますので、
お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>

相続相談室

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続関連手続き

2019年08月14日

法定相続情報一覧図を相続税申告で使用する場合

法定相続情報一覧図を相続税の申告で使用する場合、
続柄の記載をする必要があります。

この場合は、戸籍上の記載と続柄を合わせて記載
する必要がありますので、注意が必要です。

参考:被相続人との続柄の記載について(法務局)

弊所でも相続手続きのご相談を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>
相続相談室

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続関連手続き

2019年07月31日

法定相続情報証明制度と住所の記載

法定相続情報証明制度とは法務局に戸籍等を添付して
法定相続情報一覧図を届出すれば無料で法務局が
認証文をつけた写しを交付してくれる制度です。

この法務局によって交付してくれた法定相続情報一覧図の写しに
より、戸籍の束をもっていかなくても銀行等で相続手続きが
行えるという制度です。

この法定相続情報一覧図は住所の記載は載せることが
できますが、載せるかどうかは自由です。
また、住所の記載についても例えば、相続人3人のうちAさん
だけ住所を記載するといった一部のみを記載することも可能です。

弊所でも法定相続制度証明制度の利用も含めて相続手続きのご相談を
承っておりますので、お気軽のご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>
相続相談室

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続関連手続き

2019年07月19日

エンディングノートの日付

エンディングノートを作成する場合、遺言書と異なり、形式は自由で
問題ありませんが、いつの時点での気持ちか分かりやすくするためにも
日付は入れておいた方が無難です。

また、訂正や修正した場合も訂正や修正の日付を入れておくと後から
みて分かりやすいかもしれません。

弊所でもエンディングノートの作成も含めて相続手続きのご相談を
承っておりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>
相続相談室

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続関連手続き

2019年07月18日

エンディングノートを複数作る場合

エンディングノートを作成する場合、1冊にまとめられる方も結構
いらっしゃるかもしれませんが、エンディングノートを分けて作成
するのも一つの手段です。

なぜ分ける必要があるのかですが、エンディングノートに記載する
内容といっても自身の医療のことから財産のことまで様々です。

とりわけ財産的な部分についてはデリケートな部分もあると思うので、
生存中は人目にさらしたくない場合もあり得ます。

こういった場合は、見られても問題ない事項とあとから見てほしい
事項にわけてエンディングノートを作成するのもいいかもしれません。

弊所でもエンディングノート作成も含めて相続手続きに関するご相談を
承っておりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>
相続相談室

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続関連手続き

2019年07月17日

エンディングノートと法的効力

たまにエンディングノートは法的効力があるのかとご質問される方が
いらっしますが、エンディングノートに法的効力はありません。

ただ、エンディングノートの記載によって遺言書などの記載の解釈に
影響を与える場合もあり得ますので、法的意味がゼロかといえば、
ゼロではないともいえます。

弊所でもエンディングノートの書き方も含めて相続手続きのご相談を
承っておりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>
相続相談室

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続関連手続き

2019年06月19日

相続放棄と戸籍の収集

相続放棄の申述をする場合、戸籍を添付する必要がありますが、
基本的に被相続人がなくなったことを知ってから3ヶ月以内に
収集する必要があります。

普段戸籍の請求になれていない方にとっては負担となることも
あり、しんどいと感じられる方もいらっしゃるかと思います。

弊所でも相続放棄の戸籍の収集を含めた形で相続放棄申述書の提出
代行を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>
相続相談室

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続関連手続き

2019年06月17日

養子縁組で相続税が増える場合

養子縁組をすると相続税がかからない金額の範囲となる基礎控除が
確実に増えて相続税が減るものと考えている方もいらっしゃるかと
思いますが、必ずしも全てがそうなるわけではありません。

例えば、夫婦AとBの間に子供がいない場合にAとBが
Cを養子縁組した場合、仮にAが将来亡くなったとします。

この場合、基礎控除としては3000万円と600万円×相続人2名分と
なり、4200万円が基礎控除となり、Cの養子1名分の600万円
分だけ得をしたように見えます。

しかしながら、仮にAに兄弟姉妹が6名いた場合は、Cの養子縁組が
なければ基礎控除は3000万と600万円×相続人7名分となり、
7200万円が基礎控除だったことになります。

そうすると基礎控除だけで見ればCを養子縁組した方が不利だったと
いえます。
(※税に関して詳しくは税務署・専門の税理士にお尋ねください。)

弊所でも税理士と連携が必要な場合も含めて相続手続きや遺言書の作成の
ご相談を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>
相続相談室

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続関連手続き

2019年06月12日

孫を養子縁組する場合

相続対策の一環として孫を養子縁組することを考える方も
いらっしゃるかと思います。

孫1人を養子縁組した場合は、基礎控除が増えるとともに、
親の相続部分をとばすことができるので、相続回数を減らす
ことも可能ですが、税金的には孫は2割加算の対象となります。

例えば、孫の場合は相続税が100万円かかるところが、
2割加算の120万円かかります。

また、相続対策を目的とした養子縁組は無効ではないとされてますが、
税法的に有効とされるかどうかは別問題ですので、明らかな相続対策
目的の場合、基礎控除部分の加算も認められない場合もあり得ます。

(※税に関して詳しくは専門の税理士・税務署等にお尋ねください。)

弊所でも孫の養親縁組をしている場合も含めて相続手続きのご相談を
承っておりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>
相続相談室

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続関連手続き

2019年06月10日

相続放棄などの際の裁判所の支部と本庁について

たまに相続放棄などを行う際に管轄の家庭裁判所に支部と本庁の
2つが記載されていてどちらに出せばいいのか悩まれることも
あるかと思います。

この場合、基本的に支部に提出しておけば問題ないと思われます。

支部は外部に対して本庁と一体をなすものとされており、支部の
権限や管轄区域は裁判所内部の事務分配の基準に過ぎないとされて
おりますが、支部の対象地域は基本的に支部が対応するものと
されておりますので、支部に出すのが無難といえます。

弊所でも相続放棄申述書作成も含めて相続手続きに関するご相談を
承っておりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>
相続相談室

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続関連手続き

2019年06月06日

相続税の2割加算と養子縁組

相続税の対象となる場合、相続する方によって相続税額が2割加算と
なる場合があります。

2割加算されない人とは一親等の血族(父母と子)と配偶者で
それ以外の方は相続税が2割加算されることとなります。

養子縁組をすると子供の扱いとなりますので、この2割加算が
なくなり、相続税が安くなることがあります。

そのため、相続税額が2割加算の対象となる方に遺言で財産を
譲りたい場合等は養子縁組も一つの検討材料となり得ます。

※税に関して詳しくは専門の税理士・税務署にお尋ねください。

弊所でも養子縁組のある場合も含めて相続手続きや遺言書作成の
ご相談を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>
相続相談室
相続税額の2割加算(国税庁)

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続関連手続き

2019年05月29日

配偶者のある人の成年者の養子縁組 

配偶者のある方が成年者の養子縁組をする場合、
配偶者の同意がいります。

これは配偶者が養子縁組をすると配偶者の相続関係に
影響が及ぶなど配偶者も利害も有するからです。

養子縁組の届出にも配偶者の同意書を原則として
添付する必要があります。

尚、配偶者の養子縁組の同意はあくまで配偶者が養子縁組する
こと自体の同意ですので、同意をした配偶者が養子縁組した
わけではありません。

また、夫婦両方が同じ方を養子縁組する場合や配偶者が病気等に
よって意思表示できない場合は、配偶者の同意は不要とされて
います。

弊所でも配偶者の養子縁組も含めて将来の生活設計、相続手続きの
ご相談を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>
相続相談室

参考:民法
(配偶者のある者の縁組)
第796条 配偶者のある者が縁組をするには、その配偶者の同意を
得なければならない。ただし、配偶者とともに縁組をする場合又は
配偶者がその意思を表示することができない場合は、この限りでない。

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続関連手続き

2019年05月28日

兄弟姉妹の相続放棄と子供への代襲相続

例えば、子供のいない兄Aがなくなり、兄の両親が既になくなっている場合、
弟Bは法律上の相続人となります。

弟Bが相続放棄した場合、弟Bの子供Cは相続人になるかですが、
結論として弟の子供Cは相続人とはなりません。

子供Cが兄Aの相続人となり得る根拠は相続人である兄の権利を引き継ぐ
代襲相続となりますが、代襲相続の原因として相続放棄は規定されて
ないからです。

弊所でも相続放棄も含めて相続手続きに関するご相談を承って
おりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>
相続相談室

参考
民法:第887条 被相続人の子は、相続人となる。
2 被相続人の子が、相続の開始以前に死亡したとき、又は第891条の規定に該当し、
若しくは廃除によって、その相続権を失ったときは、その者の子がこれを代襲して
相続人となる。ただし、被相続人の直系卑属でない者は、この限りでない。
3 前項の規定は、代襲者が、相続の開始以前に死亡し、又は第891条の規定に
該当し、若しくは廃除によって、その代襲相続権を失った場合について準用する。

(相続の放棄の効力)
第939条 相続の放棄をした者は、その相続に関しては、初めから
相続人とならなかったものとみなす。

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続関連手続き

2019年05月24日

犬や猫などのペットのための負担付贈与契約

犬や猫などのペットのための将来の生活保障として負担付遺贈というものも
ありますが、遺言の場合は一方的な行為なので指定された人が断れば、
ペットの生活保障が実現できません。

明確に引受人を決めておきたい場合は、生前にペットのお世話してくれる方と
契約をして自分が死んだら財産をあげる代わりにペットの世話をしてもらうと
いう負担付死因贈与契約を締結することも可能です。

また、生前の介護施設や入院を原因とした場合はペットの世話をする代わりに
お金をあげる負担付贈与契約を行うことによって対応することも可能です。

弊所でも負担付贈与契約も含めて法律書類の作成を承っておりますので、
お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>
契約書作成

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続関連手続き

2019年05月22日

犬や猫などのペットによる財産の相続

一人暮らしの方で犬や猫などのペットと家族同様に暮らしている場合、
ペットに財産を残したいと思う方もいらっしゃるかと思いますが、
日本の法律上、ペットは物扱いのですので、基本的にペットが
財産を相続することはできません。

ペットの将来の生活を保障するには財産のペットによる財産の
取得ではなく、その他の手段によって保証するしかありません。

弊所でも将来のペットのお世話も含めて相続手続きに関する
ご相談を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>
相続相談室

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続関連手続き

2019年05月20日

相続対策と相続税対策

相続対策という場合、相続税対策とごっちゃになる方も
いらっしゃいますが、基本的に相続対策は相続税対策も
含まれておりますが、イコールではありません。

相続対策を考える場合、必ずしも税金の問題だけを考えていれば
それでOKというわけではないからです。

相続税などの税金が安くなるということなどに一見目が行きがちですが、
相続対策を考えるにあたっては何をしたいのかも考える必要があります。

弊所でも税理士との連携も含めて相続対策に関するご相談を承って
おりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>
相続相談室

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続関連手続き