2019年02月21日

賃借権の相続

相続手続きの際に亡くなった方に借家や借地がある場合がありますが、
意外と忘れがちなのがこの借家や借地の賃借権です。

不動産については遺産分割協議書で記載していてもその底の借地権は
協議書への記載をうっかり書き忘れることがありますので、注意が
必要です。

また、賃借権は譲渡とは異なり、相続によって承継されますので、
その承継に賃貸人の承諾は不要です。

ですので、賃貸人から承諾料名目の請求が来たとしても
払う必要はありません。

弊所でも賃借権の相続手続きも含めて相続登記のご相談を承って
おりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>
相続相談室

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続関連手続き

2019年02月20日

戸籍に記載のない相続人の相続登記

実際上は亡くなった方の相続人となる血縁関係があるものの、なんらかの
事情で戸籍上に記載されていない相続人がいる場合、そのままでは他の
相続人と遺産分割協議しても相続登記を行うことはできません。

なぜなら申請先の法務局は戸籍関係書類で相続人であることを確定する
ため裁判手続きや戸籍の訂正等をしない限りは相続人であることの
証明書類がないからです。

法律的に相続人である問題と手続的にできるかどうかの問題は
別問題ですので注意が必要です。

弊所でも相続手続きのご相談を承っておりますので、
お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>
相続相談室

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続登記

2019年02月19日

相続人でない者が戸籍に掲載されている場合の相続登記

例えば、被相続人の子供でないのに被相続人の兄弟姉妹の子などを子供と
して戸籍に届け出ている場合、法律上は相続人でないといえますが、
戸籍上の記載から形式的には相続人として扱う必要があります。

そのため、そのままでは被相続人の子供でない戸籍上の相続人を排除した
した形での遺産分割協議書を作成して相続登記をするのは難しいといえます。

ですので、このような場合は、親子関係不存在の訴えなどの裁判手続きを
踏むなどによって対応する必要がありますが、通常の相続手続きと比較して
困難を伴う形となります。

弊所でも相続手続きのご相談を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>
相続相談室

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続登記

2019年02月18日

胎児の相続手続き

例えば、妻が妊娠中に夫が亡くなった場合、胎児はまだ生まれて
いませんが、法律上相続人となる地位を有しています。

ただ、胎児は生まれてこない場合もあり、生まれなかった場合は
相続手続きのやり直しが必要なため、遺産分割協議をやるので
あれば、生まれてくるのを待ってからやるのが無難だといえます。

尚、登記上は胎児を含めた法定相続人全員の共有の相続登記は可能で、
その場合は、「亡〇〇妻▽▽胎児」という名義となります。
その後、胎児が生まれてくれば、胎児名義の不動産の住所氏名
変更登記が必要となりますし、死産となれば所有権の更正登記
という形なります。

弊所でも胎児がいる場合も含めて相続登記のご相談を承って
おりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

参考:民法第886条 (相続に関する胎児の権利能力)
1 胎児は、相続については、既に生まれたものとみなす。
2 前項の規定は、胎児が死体で生まれたときは、適用しない。

<関連リンク>
相続相談室

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
URL: http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続登記

2019年02月15日

成年被後見人と確定申告について

成年被後見人の課税所得があり、なんらかの税金が発生している場合、
40万円の特別障害者控除の適用が可能です。

成年後見制度を利用されている方は税金が安くなる可能性も
ありますので、一度確認してみるのもいいかもしれませんね。

関連リンク:成年被後見人の特別障害者控除の適用について(国税庁)

弊所でも確定申告が必要な場合も含めて成年後見に関するご相談を
承っておりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>
成年後見申立て

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
URL: http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 成年後見

2019年02月14日

登記簿謄本と不動産登記の変更証明書

たまに不動産の住所変更登記を行う際に別の不動産で登記したから
その登記簿謄本(登記事項証明書)を変更を証明する書類として
使用できないかと質問される方がいらっしゃいますが、
結論としては不可となります。

感覚的な話でいえば、他の不動産で住所の変更登記が完了している
ということは同じ持ち主の別の不動産の住所の変更の証明書類として
も使えそうな気もしますが、登記手続上はそのような取扱いは
認められておりません。

ですので、他の不動産で住所変更登記が完了している場合にも、
別途住所の変更を証明する住民票等を添付の上で申請する必要が
あります。

弊所でも住所変更登記も含めて不動産登記のご相談を承っておりますので、
お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産登記

2019年02月13日

成年後見と確定申告

成年被後見に確定申告が必要な所得がある場合、確定申告が必要となる
こともありますが、成年後見人にも代理権がありますので、確定申告を
代理して行うことは可能です。

この場合、申告名義は基本的に「★★成年後見人○○」という形で
成年後見人の名前で行います。

また、税に関する通知を後見人宛に送ってほしい場合は、専用の書式は
ないものの、現状では納税管理人の届出を行うことによって対応される
形となっているようです。

成年後見人自身が税金申告をすることができない場合は、成年後見人が
税理士に依頼して申告を行うことも可能です。

弊所でも確定申告が必要な場合も含めて成年後見のご相談を承って
おりますので、お気軽にご相談ください。

関連リンク:納税管理人の届出(国税庁)

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>
成年後見申立て

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
URL: http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 成年後見

2019年02月12日

尼崎信用金庫の抵当権・根抵当権抹消登記

尼崎信用金庫での住宅ローン返済による根抵当権抹消登記を行う
場合、お仕事の関係上や手間などの関係でご自身で抵当権や
根抵当権抹消登記の手続きを行うのが難しい場合もあるか
と思います。

参考:尼崎信用金庫の旧名称・関連名称等
   尼崎浪速信用金庫・尼崎信用組合・有限責任尼崎信用組合
   第一貯蓄信用金庫(昭和40年合併)、浪速信用金庫(昭和49年合併)

弊所では尼崎信用金庫も含めて不動産の抵当権や根抵当権の
抹消登記の御依頼を承っておりますので、
お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>

抵当権抹消登記

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 抵当権・根抵当権

2019年02月08日

不動産の氏名変更登記の申請について

不動産を所有している方が婚姻や養子縁組などによって氏名が
変更した場合、氏名変更登記が必要となります。

この場合、必要書類として氏名が変更したことにわかる戸籍が
必要となることはもちろんですが、忘れがちなのが、
本籍地記載入りの住民票です。

登記簿上は住所と氏名のみが登記されており、本籍地は登記事項でないため、
変更を証明するには別途本籍地入りの住民票が必要となるからです。

尚、登録免許税は不動産1つにつき1000円となります。

弊所でも不動産の氏名変更登記の申請代行も含めて不動産登記の
ご相談を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>

表示変更登記

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産登記

2019年02月07日

医療費控除と10万円の壁

医療費控除といえば、1年間で使った医療費が10万円をこえないと
できないと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、総所得金額等が
200万円未満の方は総所得金額等の5%を越えた額が医療費控除の対象と
なります。

ですので、例えば総所得金額等が100万円の方は医療費が10万円を超えて
なくても5万円を超えているような場合は、医療費控除の対象となります。

また、現在は一定の条件を満たせば薬局などで購入した一般医薬品に
ついて控除を受けることもできるようです。

細かい点は税務署や専門の税理士にご確認いただく必要がありますが、
少しでも税負担を減らしたい方は一度確認してみるのもいいかも
しれませんね。

弊所でも高齢者の方の財産管理も含めて成年後見のご相談を承って
おりますので、お気軽にご相談ください。

関連リンク:医療費控除(国税庁)

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>
成年後見申立て

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
URL: http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | その他