2019年11月29日

一時使用目的の建物の賃貸借契約書作成

建物の賃貸借契約を行う場合、借地借家法の適用があると
賃借人保護の観点から貸主側からの解約が難しくなります。

例えば、2か月間だけ建物を貸すという契約をした場合、
借地借家法の適用があれば29条によって期間の定めの
ないものとされます。

この場合、貸主側は解約の申し入れはいつでも可能ですが、
解約の申し入れから6ヶ月経過しないと終了しません。

しかも、その解約の申し入れには正当事由も必要となります。

そのため、短期間での賃貸借契約をする場合には、それを除外する
契約が必要となりますが、定期建物賃貸借契約を締結するのは多少
手続きが面倒だと感じる場合もあるかと思います。

そういった場合に利用を検討できるのが一時使用目的のための
建物の賃貸借契約です。

借地借家法40条の「一時使用のために建物の賃貸借をしたことが
明らかな場合」であることを示して契約すれば借地借家法の規定を
除外可能です。

弊所でも一時使用目的の賃貸借契約書の作成も含めて賃貸借契約書の
作成を承っておりますのでお気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>

契約書作成

参考:借地借家法
第26条 建物の賃貸借について期間の定めがある場合において、
当事者が期間の満了の1年前から6月前までの間に相手方に
対して更新をしない旨の通知又は条件を変更しなければ更新を
しない旨の通知をしなかったときは、従前の契約と同一の条件で
契約を更新したものとみなす。
ただし、その期間は、定めがないものとする。
2 前項の通知をした場合であっても、建物の賃貸借の期間が満了した後
建物の賃借人が使用を継続する場合において、建物の賃貸人が遅滞なく
異議を述べなかったときも、同項と同様とする。
3 建物の転貸借がされている場合においては、建物の転借人がする建物の
使用の継続を建物の賃借人がする建物の使用の継続とみなして、建物の
賃借人と賃貸人との間について前項の規定を適用する。
第27条 建物の賃貸人が賃貸借の解約の申入れをした場合においては、
建物の賃貸借は、解約の申入れの日から6月を経過することによって終了する。
2 前条第2項及び第3項の規定は、建物の賃貸借が解約の申入れに
よって終了した場合に準用する。
第29条 期間を1年未満とする建物の賃貸借は、期間の定めが
ない建物の賃貸借とみなす。
第40条 この章の規定は、一時使用のために建物の賃貸借をしたことが
明らかな場合には、適用しない。

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律書類作成

2019年11月28日

別居期間の長期化と裁判上の離婚原因

裁判で離婚をする場合、「婚姻を継続しがたい重大な事由」を
理由に離婚することが多いかと思いますが、別居期間の長期化
もその事由の考慮要素にあたります。

その場合の期間ですが、それを主要な理由とする場合には
少なくとも5年以上は必要な場合が多いかとおもわれます。

ただ、婚姻を継続しがたい重大な事由にあたるか否かは
別居期間のみではなく、それ以外の事情も考慮されるので、
離婚したい場合は注意が必要かもしれません。

弊所でも離婚に伴う所有権移転登記も含めて不動産登記の
御相談を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判関連

2019年11月27日

遺留分減殺請求と寄与分の主張による反論

寄与分とはざっくりえば、亡くなった方(被相続人)の財産の
維持や増加に貢献した相続人に認められる追加の取り分を
いいます。

遺留分とはざっくり認められている各相続人に最低限相続
できると認められている取り分で遺留分減殺請求とは、
遺留分を侵害された相続人がその取り分をよこせと
請求することです。

寄与分は特定の相続人が通常の相続分よりも貢献度を理由に余分に
もらうことになるので、これと遺留分が衝突することがあります。

例えば、遺言で世話をした長男に全部財産をやると書いていたような
場合です。

こういった場合に、遺留分減殺請求をしてきた次男に長男は寄与分を
主張できるかですが、結論としては遺留分減殺請求への反論としては
認められておりません。

寄与分はあくまで遺産分割や調停の場の話合いで考慮はされますが、
遺留分減殺請求への反論として利用できるほどの絶対的な権利ではない
ということです。

弊所でも相続手続きに関するご相談を承っておりますので、
お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>

相続相談室

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続関連手続き

2019年11月26日

医療費の軽減と長期入院該当

入院費などの高額な医療費を軽減する制度として限度額認定者証が
ありますが、入院が長引いた場合、入院時の食事代をさらに軽減
する制度があります。

具体的には入院日数が90日を超えた場合は、長期入院該当となり、
申請すれば入院時の食事代が安くなります。

病院の入院時の食事代は朝昼晩の3食ありますが、3食分の単価が
安くなるということです。

例えば、大阪でいえば通常の市民税非課税世帯の場合、1食あたり
210円ですが、長期該当入院となると1食あたり160円となり
ます。

一日当たりの割引額は差額の50円×3=150円となります。

関連リンク:大阪市の食事療養費

弊所でも長期入院該当にあたる場合も含めて高齢者の財産管理に
関するご相談を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>

相続相談室

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2019年11月25日

権利証等が盗まれた場合の対応

印鑑証明書や家の権利書等の重要な書類が盗まれた場合、
家の名義が勝手に変更されるかもと心配になることが
あります。

こういった場合、不正登記防止申出制度によって法務局に
不正登記防止の申出をすることが可能です。

法務局への申出は原則本人が出頭する必要がありますが、
この申し出をすれば申出後3ヶ月間の間にその不動産の
登記申請があった場合には法務局が知らせてくれます。

これによって知らない間に自宅の名義が変わっていた
みたいな事態を防止することが可能となります。

弊所でも不正登記防止申出制度も含めて不動産登記に
関するご相談を承っておりますので、お気軽に
ご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産登記

2019年11月22日

国際電話を使ったワンギリ詐欺

最近、海外からの国際電話を使ったワンギリ詐欺が流行っているそう。

手口としては国際電話経由でワンギリして気になった方が折り返しの
電話をすると高額な電話料金がかかるというもの。

高額な料金の一部をマージンとしてワンギリした人に入る仕組みの
ようですが、ワンギリがあってもむやみやたらに折り返し電話は
やめた方がいいかもしれませんね。

ついでに、ワンギリといえば、迷惑営業電話などもその手口を
利用することがよくあるようです。

ワンギリがあったらすぐに折り返さずに気になるようであれば
その番号をネット検索してみるといいかもしれません。

そうするとある程度の迷惑電話は検索ででてきますので、
無駄な折り返し電話をせずにすむかもしれません。

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2019年11月20日

線引小切手と不動産売買

線引小切手とは小切手の表面の右上などに
2本の横線を引いたもので、小切手の不正な
換金を防ぐために利用されるものです。

線引小切手の2本の線の間には通常、銀行渡りや
BANKの文字、特定の金融機関名が入っており、
支払の対象を支払金融機関の取引先に限定することで
不正な換金を防止することを目的としています。

不動産売買で初めて小切手を利用する際にはそれがどのような
種類の小切手かを確認した方がいいかもしれません。

弊所でも不動産売買に基づく所有権移転登記も含めて不動産登記
に関するご相談を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産登記

2019年11月19日

当座預金の特徴

銀行の振込依頼書等で当座預金のチェック欄があるのを見かけることが
あるかと思いますが、当座預金になじみのない方も多いかと思います。

当座預金の大きな特徴は手形や小切手の決済ができるということです。
商売人などが支払いなどに使う口座だと考えたらいいかもしれません。
当座預金は普通預金と異なり、利息などつきませんが、決済用口座と
して銀行が破たんした場合も全額預金保護の対象となります。
当座預金は手形や小切手の決済として使う口座の為、普通預金と異なり、
開設には一定の審査があります。
銀行によっては開設手数料をとるところもあるので、普通の預金開設より
はハードルが高いものといえるかもしれません。

弊所でも高齢者の財産管理も含めて成年後見の申立てに関するご相談を
承っておりますので、お気軽にご相談ください。

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2019年11月18日

預金小切手とは

不動産売買の際に預金小切手で決済することがあり得ますが、
これは支払銀行が振出人となっている小切手です。

このいわゆる預金小切手を作るには依頼者名義の預金残高か
現金の支払が必要で、銀行が振り出す形となるので、現金と
同様に信頼度は高いものといえます。

この小切手は現金と同様の信頼性がありますが、手形と違って
受取人の記載がないので、紛失や盗難にあうと不正取得者に
金銭を奪われる恐れがあります。

そのため、安全性を高めるために線引きをすることによって
被害をある程度防ぐことが行われたりします。

その方法として使われるのが、一般線引小切手、
特定線引小切手などがあります。

これによって不正をある程度防止できる効果があります。

弊所でも不動産売買による所有権移転登記も含めて不動産登記
手続きの御相談を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産登記

2019年11月15日

甥等による成年後見申立てと戸籍

成年後見の申立てを行う場合、本人の子供や配偶者の場合は、
普通に戸籍をとればいいですが、甥などの本人より離れた
親族が申立てをする場合、本人との関係性を示す戸籍も
必要となるので通常よりも戸籍の数が多くなります。

また、本人の登記されてない証明書を東京法務局などで
取得する際にも本人との関係性を示す余分な戸籍が
必要となります。

なぜなら、本人や甥等の戸籍のみをもって本人と甥等の
関係性が分からないからです。

弊所でも成年後見申立書の作成も含めて成年後見申立てに
関するご相談を承っておりますので、お気軽に
ご相談ください。

お問い合わせ ⇒ 06−6326−4970

<関連リンク>

成年後見申立て

大阪府大阪市東淀川区瑞光1−3−12
明徳ビル205
司法書士・行政書士 よどがわ事務所
TEL: 06-6326-4970
http://shiho-shoshi.asia/
posted by よどがわ事務所 at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 成年後見